タイトル

ライン

 本日も曇天。気をとり直して玉泉洞レストランの撮影にむかう。レストランにはいると玉泉洞に頼んで置いた大きいお椀の列にびっくり。全席に大きいお椀がきれいに並んで、その数五百数十個。何とも異様な光景。お椀の山の中にひっそりと食事するツアー客13人が何とも物悲しくおかしい。監督、スタッフ笑いをこらえて撮影を進める。エイサーの撮影は次の日に回しホテルに戻って宴会のシーンを撮影した。四つ竹舞踏を真面目に踊る2人に向かって「さっさと踊れ!!」「脱げ!!」という左右田一平さんの台詞を聞いておかしくなった監督、笑いのツボに入り言葉がでなくなり、スタートの声をかけられなくなる。村野武範さんの物真似、グレート義太夫さんの浮遊術、監督は芝居を見ることも不能になりキャスティングの吉川さんと転げ回る。左右田さんそっくりの人形を使った腹話術、石田太郎さんのゾウさん芸と笑いの夜は過ぎていった。


ライン
3/7backmenu生きないトップnext