タイトル

ライン

 台風が通過した後のように穏やかに晴れた。撮影日数も残り僅か。仕掛けの撮影は後日に回して芝居部分から埋めていく事にする。ラストシーン、観光バスが崖沿いの道路に急停車し、新垣のみが崖に落ちていく一連の芝居。条件が整った時の清水組のペースは早い。快調に進行し、うまくいけばラストシーンは全て撮りきれそうだ。1カットごとに恒例の拍手が起こる。気付けばキャスト陣が、次々とアップしていった。大河内奈々子さんのヨリを撮影し全て終了する。高らかに拍手が沸く。キャスティングの吉川さんは、今日撮りきれると思っていなかったようで、花束は用意していなかった。夜はホテルでそれぞれに祝杯をあげる。監督もホッとしたのか、久々にお酒を口にする。僅かな酒で酔っていたみたいだ。(助監督:大野伸介)


ライン
7/7menuback生きないトップ