ストーリー

楽しい夏休みが始まった。でも、小学校3年生の正男(関口雄介)の心は少しも弾まない。遊び友達はみんな一家で海へ行ったり、田舎に行ったり。サッカー教室もお休みになって、宿題の絵日記帳には天気を書き入れたらおしまい。書くことがないのだ。お父さんは正男が生まれてすぐ交通事故で亡くなり、お母さん(大家由祐子)は どこか遠くで働いている。いつものようにおばあちゃん(吉行和子)がパートに出ていった後、正男は冒険旅行の決心をした。目的地は愛知県豊橋市。そこには写真でしか見たことのないお母さんがいるはずだ。絵日記帳と宿題をリュックに入れ、お小遣いを握りしめて、正男は家を飛び出した。
菊次郎(ビートたけし)は根っからの自由人。今の所はかみさん(岸本加世子)に食わせてもらっている。そんな菊次郎がなぜか、正男の母親探しの旅に付き合うことになる。ところが出発するなり競輪場に寄り道。一度は正男のヤマカンで大穴を当て、ドンチャン騒ぎしたものの、気がつけば正男のお小遣いまで使い果たす始末。頭に来て、ヤケ酒を飲んでいる間に、正男はアブナイおやじ(麿赤兒)にいたずらされそうになったり。しかたなく真面目に旅をする気になったものの、どこをどういっていいのやら。とりあえずヒッチハイクからスタートし、豊橋までの約300kmのふたり旅が始まった。
ゆく先々で、事件、騒動を巻き起こしながらも目的地の母親の家へとたどり着いたが、そこに待ち受けていたのは、幼い正男にとっては過酷な現実でしかなかった。 落ち込む正男と、途方に暮れる菊次郎。そんなふたりが、たまたま出会ったハーレー野郎たちと作家志望のあんちゃんと、河原でのキャンプが始めることに。他愛も ない遊び、星空を眺めてのおとぎ話、やがて、正男の心は、少しずつ癒されていくのだが・・・。

 
 

back