小紅屋について **歌舞伎役者の屋号**

スポンサーリンク

小紅屋について **歌舞伎役者の屋号**

小紅屋とは。

小紅屋は、歌舞伎役者の屋号の一つで、市川市十郎をはじめとする歌舞伎役者が使用しています。

小紅屋の由来や歴史

小紅屋の由来や歴史

小紅屋の由来や歴史

小紅屋は、歌舞伎役者の屋号であり、初代は江戸時代初期に活躍した俳優、中村仲蔵です。中村仲蔵は、1688年に京都で生まれ、1728年に江戸に上り、中村半四郎の門下となりました。その後、1735年に中村仲蔵を名乗り、1741年に中村宗十郎を襲名しました。中村宗十郎は、歌舞伎界で活躍し、1758年に没しました。

中村宗十郎の死後、彼の息子である中村歌右衛門が小紅屋を継承しました。中村歌右衛門は、1714年に江戸で生まれ、1734年に中村仲蔵の門下となりました。その後、1742年に中村時蔵を名乗り、1758年に中村歌右衛門を襲名しました。中村歌右衛門は、歌舞伎界で活躍し、1778年に没しました。

中村歌右衛門の死後、彼の息子である中村松江が小紅屋を継承しました。中村松江は、1752年に江戸で生まれ、1766年に中村仲蔵の門下となりました。その後、1770年に中村粂太郎を名乗り、1780年に中村松江を襲名しました。中村松江は、歌舞伎界で活躍し、1795年に没しました。

中村松江の死後、彼の息子である中村芝翫が小紅屋を継承しました。中村芝翫は、1778年に江戸で生まれ、1791年に中村仲蔵の門下となりました。その後、1798年に中村亀蔵を名乗り、1811年に中村芝翫を襲名しました。中村芝翫は、歌舞伎界で活躍し、1859年に没しました。

中村芝翫の死後、彼の息子である中村吉右衛門が小紅屋を継承しました。中村吉右衛門は、1802年に江戸で生まれ、1816年に中村仲蔵の門下となりました。その後、1820年に中村福助を名乗り、1828年に中村吉右衛門を襲名しました。中村吉右衛門は、歌舞伎界で活躍し、1874年に没しました。

中村吉右衛門の死後、彼の息子である中村福助が小紅屋を継承しました。中村福助は、1826年に江戸で生まれ、1838年に中村仲蔵の門下となりました。その後、1844年に中村菊蔵を名乗り、1874年に中村福助を襲名しました。中村福助は、歌舞伎界で活躍し、1893年に没しました。

中村福助の死後、彼の息子である中村吉右衛門が小紅屋を継承しました。中村吉右衛門は、1861年に東京で生まれ、1875年に中村仲蔵の門下となりました。その後、1879年に中村吉右衛門を名乗り、1903年に中村吉右衛門を襲名しました。中村吉右衛門は、歌舞伎界で活躍し、1949年に没しました。

中村吉右衛門の死後、彼の息子である中村富十郎が小紅屋を継承しました。中村富十郎は、1885年に東京で生まれ、1903年に中村仲蔵の門下となりました。その後、1910年に中村吉右衛門を名乗り、1923年に中村富十郎を襲名しました。中村富十郎は、歌舞伎界で活躍し、1958年に没しました。

中村富十郎の死後、彼の息子である中村吉右衛門が小紅屋を継承しました。中村吉右衛門は、1940年に東京で生まれ、1958年に中村仲蔵の門下となりました。その後、1964年に中村吉右衛門を名乗りました。中村吉右衛門は、歌舞伎界で活躍し、現在も健在です。

小紅屋を名乗った主な歌舞伎役者

小紅屋を名乗った主な歌舞伎役者

小紅屋を名乗った主な歌舞伎役者

小紅屋を名乗った歌舞伎役者は、初代小紅屋助之丞から数えて13代目まであります。初代は、1660年頃に江戸で活躍した坂田藤十郎の弟子であり、その後、初代中村仲蔵や初代中村歌右衛門などの名優が小紅屋を襲名しました。

中でも、6代目小紅屋助之丞は、通称「小紅屋宗次郎」と呼ばれ、江戸時代中期を代表する女形として知られています。宗次郎は、1741年に江戸で生まれ、1760年に二代目の小紅屋助之丞を襲名しました。その後、1780年に六代目小紅屋助之丞となり、1800年に没するまで活躍しました。

宗次郎は、女形の第一人者として、その美貌と演技力で江戸の町民から絶大な人気を集めました。また、宗次郎は、歌舞伎の演出や振り付けにも優れており、多くの名作を残しています。宗次郎の代表作には、歌舞伎十八番の一つでもある「助六由縁江戸桜」の「揚巻」や、「菅原伝授手習鑑」の「お初」などがあります。

小紅屋は、宗次郎以外にも、7代目小紅屋助之丞や8代目小紅屋助之丞などの名優を輩出しており、歌舞伎の世界で重要な役割を果たしてきました。

現在、小紅屋を名乗っている歌舞伎役者

現在、小紅屋を名乗っている歌舞伎役者

現在、小紅屋を名乗っている歌舞伎役者は、市川海老蔵さんです。十三代目市川團十郎白猿を襲名したことで知られています。

海老蔵さんは、1977年12月6日生まれで、東京都出身です。父親は十二代目市川團十郎、母親は女優の小林麻美さんです。海老蔵さんは、1983年に初舞台を踏み、1994年に七代目市川新之助を襲名しました。2004年に九代目市川中車を襲名し、2011年に十三代目市川團十郎白猿を襲名しました。

海老蔵さんは、歌舞伎界を代表する俳優として活躍しています。多くの歌舞伎作品に出演するほか、映画やテレビドラマにも出演しています。また、歌舞伎の普及活動にも熱心に取り組んでいます。

海老蔵さんは、2010年に女優の松たか子さんと結婚しました。二人の間には、2011年に長女が誕生しました。

タイトルとURLをコピーしました