バストール〜聖戦士ダンバインより〜

スポンサーリンク

バストール〜聖戦士ダンバインより〜

Butterflyとは。

「Butterfly」は、2009年に発売された日本のポピュラー音楽である。歌は歌手でモデルの木村カエラが担当し、作詞は木村カエラ、作曲は末光篤が行った。この曲は、リクルートの雑誌「ゼクシィ」のCMに使用された。

バストールの概要

バストールの概要

バストールの概要

バストールは、アニメ「聖戦士ダンバイン」に登場するキャラクターです。ダンバインの登場人物の中で、最も強靭な肉体と高い戦闘力を持つ戦士であり、聖闘士のトップに君臨する大司教です。

バストールは、聖闘士を束ねる聖地の長官であり、その地位を利用して私腹を肥やし、聖地を私物化していました。また、聖地に訪れた来賓に対して、金品を強奪する悪行も日常茶飯事でした。敬虔な信者たちの前で、バストールは敬虔な聖職者としての姿を装い、偽の慈悲を行い、人々に誤解を与えていました。

やがてバストールの悪行は、聖地の枢機卿たちの間で噂となり、その醜聞は聖地を揺るがす一大スキャンダルの火種となりました。バストールは告発され、枢機卿たちはバストールを聖地から追放し、ダンバインの頂点から引きずり下ろしました。その後、バストールは隠遁先で、自ら毒を服用して自殺しました。

バストールの特徴

バストールの特徴

バストールの特徴

バストールは、ダンバインと並ぶ大ボリュームの機体で、その重さはダンバインの2倍以上ある。その巨体から、地上では鈍重な動きが目立つが、空中では驚くほどの運動性能を発揮する。また、バストールは非常に強力な火力を持ち、そのレーザーソードとミサイルは、敵機を粉砕する。さらに、バストールは強力な防御力も備えており、敵機の攻撃をものともせずに耐えることができる。

バストールは、ダンバインとは対照的に、非常に重厚なデザインをしており、その巨体と重厚な装甲は、見る者を圧倒する。また、バストールは非常に強力な火力を持ち、そのレーザーソードとミサイルは、敵機を粉砕する。さらに、バストールは強力な防御力も備えており、敵機の攻撃をものともせずに耐えることができる。

また、バストールは非常な扱いづらさを有しており、その重量から地上での移動は極端に困難だった。その事から、主人公であるショウ・ザマはほとんど地上では乗らなかった。

バストールの活躍

バストールの活躍

バストールの活躍

バストールは、聖戦士ダンバインに登場するオーラバトラーの1機である。バストールは、ダンバインと同様に、オーラ力によって駆動する人型兵器であり、その圧倒的なパワーとスピードを誇る。バストールは、オーラ力が強い人物のみが搭乗することができ、劇中では、主人公のショウ・ザマと、そのライバルであるチャム・ファウが搭乗する。

バストールは、オーラ力をビーム状に放出する「オーラソード」と、オーラ力を衝撃波として放出する「オーラハンマー」の2つの武器を装備している。オーラソードは、バストールの最大の武器であり、その一撃は、敵オーラバトラーを真っ二つに切り裂くことができる。オーラハンマーは、オーラソードよりも威力が劣るが、その攻撃範囲が広いため、複数の敵オーラバトラーを同時に攻撃することができる。

バストールは、その圧倒的なパワーとスピードを活かして、劇中で数々の活躍を見せる。バストールは、オーラバトラーの集団を相手に、単騎で切り込み、次々と敵オーラバトラーを撃破していく。また、バストールは、オーラバトラーの中でも最強の機体である「ビルバイン」と互角に渡り合い、その実力を証明する。

バストールは、聖戦士ダンバインに登場するオーラバトラーの中で、最も人気の高い機体の一つである。バストールの圧倒的なパワーとスピードは、多くのファンを魅了している。また、バストールは、ダンバインと同様に、オーラ力によって駆動する人型兵器であるため、その神秘的な存在感も人気の理由となっている。

タイトルとURLをコピーしました