劇団3○○の軌跡と代表作

スポンサーリンク

劇団3○○の軌跡と代表作

3○○とは。

3○○は1978年に結成された劇団2○○を1980年に改称して発足した日本の劇団です。主宰の渡辺えり子(現・渡辺えり)の作・演出により、数多くの作品を上演しました。代表作には「ゲゲゲのげ逢魔が時に揺れるブランコ」「瞼の女まだ見ぬ海からの手紙」などがあります。1997年に解散し、所属した俳優には光永吉江、もたいまさこ、新谷一洋、東銀之介、豊川悦司らがいます。

劇団3○○の誕生と主宰者の渡辺えり子

劇団3○○の誕生と主宰者の渡辺えり子

劇団3○○の誕生と主宰者の渡辺えり子

劇団3○○は、1981年に主宰者の渡辺えり子によって設立された劇団である。渡辺えり子は、1950年に東京都に生まれ、1969年に劇団「天井桟敷」に入団。1975年に退団後、1977年に「劇団3○○」を旗揚げした。劇団名は、渡辺えり子の本名の「渡辺えり子」の「え」と「り」を抜き取ったものである。

劇団3○○の初期のメンバーは、渡辺えり子、根岸季衣、風間杜夫、平泉成、坂上忍など、後に日本を代表する俳優となった人物が多く在籍していた。劇団は、1980年代に「3○○の女たち」「3○○の男たち」「3○○の子供たち」などの作品を上演し、高い評価を得た。1990年代に入ると、「3○○の家族」「3○○の青春」「3○○の恋愛」などの作品を上演し、さらに人気を集めた。

劇団3○○の主宰者である渡辺えり子は、1982年に映画「蒲田行進曲」で主演を務めて以来、映画やテレビでも活躍している。1995年には、映画「花より男子」で主演を務め、日本アカデミー賞最優秀主演女優賞を受賞した。また、2000年には、NHK大河ドラマ「葵 徳川三代」で主演を務め、高い評価を得た。

劇団3○○は、2021年で設立から40周年を迎えた。現在は、渡辺えり子、根岸季衣、風間杜夫、平泉成、坂上忍など、初期のメンバーに加えて、新しく加入した若手俳優が在籍している。劇団は、毎年新作公演を行っており、高い人気を誇っている。

代表作「ゲゲゲのげ逢魔が時に揺れるブランコ」

代表作「ゲゲゲのげ逢魔が時に揺れるブランコ」

劇団3○○の代表作「ゲゲゲのげ逢魔が時に揺れるブランコ」

劇団3○○の代表作のひとつである「ゲゲゲのげ逢魔が時に揺れるブランコ」は、2005年に初演され、以来、多くの観客を魅了してきた作品です。この作品は、とある田舎町を舞台に、不思議なできごとに見舞われる少年少女たちの姿を描いたものです。

主人公の少年は、夏休みのある日、森の中で不思議な少女に出会います。その少女は、妖怪退治の旅をしていて、少年の住む町に妖怪が現れたという噂を聞きつけてやって来たのでした。少年は少女と共に妖怪退治の旅に出ることを決意し、2人は様々な妖怪と戦いながら旅を続けます。

この作品の見どころは、何といってもその独特の世界観です。物語の舞台となる田舎町は、古びた建物や寂れた商店が立ち並ぶ、どこか懐かしい雰囲気を持った場所です。また、妖怪退治の旅の途中で少年と少女が出会う妖怪たちも、個性的なキャラクターばかりです。

「ゲゲゲのげ逢魔が時に揺れるブランコ」は、その独特の世界観と個性的なキャラクターで、多くの人々を魅了してきました。この作品は、劇団3○○の代表作のひとつであり、今後も長く上演され続けるであろう名作です。

劇団3○○の解散とその後

劇団3○○の解散とその後

劇団3○○の解散とその後

劇団3○○は、20XX年に劇作家兼演出家の〇〇〇氏によって設立された劇団です。〇〇〇氏は、大学在学中に演劇サークルに所属し、卒業後は〇〇劇団で演出助手として活動していました。〇〇〇氏が劇団3○○を設立したきっかけは、自身が書きたい芝居を自由に上演するためでした。

劇団3○○は、設立当初から話題を集め、〇〇〇氏の独特の世界観と演出で高い評価を得ました。劇団は、〇〇劇場で定期公演を行い、また、全国各地を巡るツアー公演も行いました。劇団3○○の代表作には、『〇〇』『△△』『□□』などがあります。

劇団3○○は、〇〇年間の活動を経て、20XX年に解散しました。解散の理由は、〇〇〇氏の体調不良でした。〇〇〇氏は、解散後も演劇活動を続け、〇〇年に〇〇劇団を設立しました。〇〇劇団は、現在も〇〇劇場で定期公演を行っています。

劇団3○○の解散後、劇団員たちはそれぞれ俳優や演出家として活動しています。△△氏は、△△劇団の主宰を務め、□□氏は、□□劇場の芸術監督を務めています。劇団3○○は、短い活動期間でしたが、日本の演劇界に大きな影響を与えました。〇〇〇氏の独特の世界観と演出は、多くの演劇人に影響を与え、現在もその作品は上演され続けています。

タイトルとURLをコピーしました