「源義忌」とは?秋燕忌とも呼ばれる俳人・国文学者、角川源義の忌日

スポンサーリンク

「源義忌」とは?秋燕忌とも呼ばれる俳人・国文学者、角川源義の忌日

源義忌とは。

俳人・国文学者にして、角川書店の創始者である角川源義の命日である。別名は「秋燕(しゅうえん)忌」、または「角川源義忌」。10月27日。秋の季語である。

「源義忌」とは?

「源義忌」とは?

「源義忌」とは、俳人・国文学者である角川源義の忌日である9月25日のことです。角川源義は、1886年(明治19年)に東京府下谷区(現在の東京都台東区)に生まれ、1965年(昭和40年)に東京都杉並区で亡くなりました。

角川源義は、1912年(大正元年)に俳句雑誌「ホトトギス」に入会し、正岡子規の指導を受けました。また、国文学者としても活躍し、1925年(大正14年)に東京帝国大学(現在の東京大学)の国文科を卒業しました。

角川源義は、1930年(昭和5年)に俳句雑誌「秋燕」を創刊し、編集長を務めました。また、1937年(昭和12年)には、俳句結社「秋燕会」を結成しました。角川源義は、俳句を通して日本の伝統文化を復興させることに努めました。

角川源義ってどんな人?

角川源義ってどんな人?

角川源義(つのかわもとのり)は、俳人・国文学者です。1888年(明治21年)に福井県敦賀市に生まれました。本名は甲子郎。源義は俳号です。

京都帝国大学国文学科を卒業後、東京帝国大学大学院へと進学し、1912年(明治45年)に博士号を取得しました。その後、早稲田大学や中央大学で教鞭をとり、1927年(昭和2年)には日本大学教授に就任しました。翌年には、日本大学文学部長に就任し、1931年(昭和6年)には学長に就任しました。

俳人としては、正岡子規に師事し、1911年(明治44年)に「ホトトギス」に初入選を果たしました。その後、「ホトトギス」の同人となり、1920年(大正9年)には「ホトトギス」の編集長に就任しました。また、1923年(大正12年)には、俳誌「秋燕」を創刊しました。

国文学者としては、日本文学史や歌論などの分野で活躍しました。1930年(昭和5年)には、日本文学史の決定版ともいわれる『日本文学大系』の編集委員に就任しました。また、1932年(昭和7年)には、日本文学研究の最高峰といわれる『国文学解釈と鑑賞』の創刊編集長に就任しました。

角川源義は、1944年(昭和19年)に56歳で逝去しました。その死を悼み、翌年には「源義忌」が制定されました。「源義忌」は、10月25日に全国各地で開催される俳句大会です。また、秋燕忌とも呼ばれています。

「秋燕忌」の由来

「秋燕忌」の由来

「秋燕忌」の由来

秋燕忌は、俳人・国文学者である角川源義の忌日である9月24日に行われる法要であり、俳句大会やシンポジウムなどが開催される。角川源義は、1909年(明治42年)9月24日に東京市麹町区飯田町(現在の東京都千代田区飯田橋)に生まれた。1930年(昭和5年)に早稲田大学文学部国文学科を卒業し、1934年(昭和9年)に角川書店を創設した。1950年(昭和25年)に俳人協会を創設し、1955年(昭和30年)に俳句雑誌「俳句」を創刊した。1964年(昭和39年)には、角川文庫を創設し、1975年(昭和50年)には、角川映画を創設した。1982年(昭和57年)9月24日に死去した。角川源義は、俳句の世界に大きな功績を残した人物であり、その功績を称えるために、秋燕忌が開催されている。

タイトルとURLをコピーしました