「若年王」ルイ7世の生涯

スポンサーリンク

「若年王」ルイ7世の生涯

若年王とは。

「若年王」とは、《Louis le Jeune》すなわちフランス国王ルイ7世(在位:1137年~1180年)の異名のことです。この異名は、彼が10代で即位したことに由来しています。

ルイ7世の生い立ちと即位

ルイ7世の生い立ちと即位

「ルイ7世の生い立ちと即位」

1120年にフランスのパリで生まれたルイ7世は、カペー朝の第7代国王です。父はルイ6世、母はアリックス・ド・サヴォワでした。ルイ7世は4人の兄弟姉妹の中で唯一の男子であり、幼い頃から王位継承者として育てられました。

1131年に父王が死去し、ルイ7世はわずか11歳でフランス王位を継承します。当初、ルイ7世は母の摂政の下、政治を学びました。しかし、1137年に母が死去すると、ルイ7世はわずか17歳で親政を開始します。

ルイ7世は、即位直後から十字軍に参加することを決意し、1147年に第2回十字軍に出発します。十字軍では、ルイ7世は東ローマ帝国皇帝コンラート3世と協力し、シリアの都市ダマスカスを包囲しましたが、陥落させることができませんでした。その後、ルイ7世はエルサレム王国を訪問し、エルサレム王ボードゥアン3世と同盟を結んで帰国しました。

帰国後、ルイ7世は、フランス国内の諸侯との戦いに明け暮れます。特に、ノルマンディー公アンリ・プランタジネットとの争いは激しく、1154年にはパリを包囲されるまでになりました。しかし、ルイ7世はなんとかアンリ・プランタジネットを撃退し、フランスの王権を維持することに成功しました。

1180年にルイ7世は死去し、息子のフィリップ2世が王位を継承しました。ルイ7世は、十字軍に参加し、諸侯と争い、フランスの王権を維持した中世の偉大な王の一人として知られています。

十字軍への参加と失敗

十字軍への参加と失敗

十字軍への参加と失敗

フランス国王ルイ7世は、第二次十字軍の呼びかけに応じ、1147年に十字軍の遠征に同行しました。この遠征は、セルジューク朝によって占領された聖地エルサレムの奪還を目的としていました。しかし、ルイ7世の軍隊はアナトリアでセルジューク朝の軍隊に敗北し、彼はエルサレムに到達することなくフランスに帰国せざるを得ませんでした。

この敗北は、ルイ7世の評判を傷つけ、彼に対する批判が高まりました。彼は十字軍に参加することに消極的であり、十分な準備をせずに遠征を行ったと非難されました。また、彼は遠征中に部下や同盟国と協調することができず、遠征の失敗を招いたとされました。

ルイ7世は、十字軍の遠征の失敗の責任を取るために、国内で改革を実施しました。彼は法律を整備し、税制を改革して国家財政を強化しました。また、教会との関係を改善するために、聖職者に対する特権を制限する法令を公布しました。これらの改革により、ルイ7世は国内の支持を取り戻すことに成功し、彼の統治は安定しました。

エレノア・ダキテーヌとの結婚と離婚

エレノア・ダキテーヌとの結婚と離婚

-# エレノア・ダキテーヌとの結婚と離婚

1137年7月22日、ルイ7世は、アキテーヌ公ギヨーム10世の娘エレノア・ダキテーヌと結婚した。エレノアはヨーロッパで最も裕福で強力な女性の1人であり、彼女の領土はピレネー山脈から大西洋まで広がっていた。この結婚は戦略的なものであり、ルイ7世の王国の勢力を拡大し、フランスとアキテーヌの同盟を確固たるものにした。

しかし、この結婚はすぐに破綻した。エレノアは美しい女性として知られていたが、また、愛情深く情熱的な女性でもあった。ルイ7世は冷たさと無関心で彼女を裏切り、結局のところ、ルイ7世は、エレノアが貞淑ではないと疑い始め、彼女を拷問しようとした。エレノアは、婚約を破棄するために、教皇に訴え、1152年に、婚姻無効が認められました。

エレノアとルイ7世の離婚は、中世ヨーロッパに大きな衝撃を与えた。このような高位の人物の離婚は、前代聞のないことであり、その影響は広範囲に及んだ。この離婚は、ルイ7世を弱体化させ、彼の権威を損ない、フランスとアキテーヌの同盟を崩壊させた。また、この離婚は、中世における婚姻のあり方についての議論を巻き起こし、後の時代の結婚観に大きな影響を与えた。

エレノアは、ルイ7世との離婚後、アンジュー伯ヘンリー2世と結婚した。ヘンリー2世は、後にイングランド王となり、エレノアはイングランド王妃となった。エレノアは、ヘンリー2世との間に5人の息子と3人の娘をもうけ、その中には、後のイングランド王リチャード1世とジョン王が含まれていた。エレノアは、ヨーロッパで最も有力な女性の一人であり、彼女の一生は、中世の歴史に大きな足跡を残した。

タイトルとURLをコピーしました