「中也忌」って知ってる?詩人・中原中也の命日

スポンサーリンク

「中也忌」って知ってる?詩人・中原中也の命日

中也忌とは。

「中也忌」は、詩人、中原中也の命日であり、毎年10月22日に訪れます。

中原中也ってどんな人?

中原中也ってどんな人?

中原中也は、1907年(明治40年)4月29日、山口県山口市に生まれた詩人です。旧制山口中学(現・山口県立山口高等学校)を卒業後、1924年(大正13年)に上京し、詩作を始めました。

中也の詩は、情熱的で繊細な表現が特徴で、恋愛や人生の苦悩を歌った作品が多くあります。代表的な詩集には、「山羊の歌」(1934年)、「在りし日の歌」(1938年)などがあります。

中也は、1937年(昭和12年)10月22日に、肺炎のため29歳の若さで亡くなりました。彼の死は、多くの詩人や文学者に衝撃を与え、中也の詩は、その後も多くの読者に愛され続けています。

代表的な作品は?

代表的な作品は?

中原中也は、1907年に山口県で生まれた詩人です。抒情的な作風で知られ、特に恋愛詩に優れた作品が多くあります。

代表的な作品としては、「汚れつちまつた悲しみには」「在りし日の歌」「サーカス」「窓あき部屋」「山羊の歌」「初期詩集」「春の日の歌」「在りし日の歌」「旅衣」「第二詩集」「歴程」「宿命」「季節の中で」「心象風景」「朝の歌」などがあります。

中也の詩は、その鋭敏な感覚と率直な表現で、多くの人々の共感を集めています。彼の詩は、死後に多くの研究者が研究され、その影響を受けた詩人も少なくありません。

「中也忌」とは?

「中也忌」とは?

「中也忌」とは、詩人・中原中也の命日に当たる10月22日のことを指します。中原中也は、1907年(明治40年)に山口県に生まれ、26歳でパリに留学して象徴詩の洗礼を受けるなど、若くしてその才能を発揮しました。しかし、晩年は精神を病み、30歳の若さで亡くなりました。

中原中也の死後、その作品は多くの詩人や文学者に影響を与え、現在でも多くの読者に愛されています。そして、中原中也の命日である10月22日は、「中也忌」として詩人や文学者の間で親しまれています。

「中也忌」には、中原中也の詩を朗読したり、シンポジウムを開催したりするなど、さまざまなイベントが行われます。また、中原中也の墓がある東京都三鷹市では、「中也忌」に合わせ、中原中也の命日を偲ぶ「中也忌の集い」が開催されます。

タイトルとURLをコピーしました