2012 6/27
  • パブロフの人

    著 者:ダンカン
    出版社:廣済堂出版
    発売日:2012年6月27日
    価 格:1,400円(税別)
    ISBNコード:978-4-331-05956-2
    四六判/264頁/ソフトカバー

    小説家本格デビュー!
    “自分は何のために生まれ、生きているのだろうか・・・”
    介護はみんなにやってくる そのとき人はどう生きるのか?

    50代前半にして両親の介護に追われる一人息子の藤本勇太。恋人を失い、職も失い、夢と希望も諦めた勇太は認知症の父と母を連れ、最後の家族旅行へと旅立つ。
    一方、勇太を裁く裁判員裁判では、フリーライターの木崎、演歌歌手の荒海三郎、スナックママの植田心美など、それぞれの人生を背負って生きてきた裁判員が常軌を逸した議論を戦わせる。
    認知症の両親を持つ藤本勇太の未来は、そして裁判の行方は・・・。
    1億総介護時代を迎える今、改めて人の生き方を問う問題作。