「五味坂」を訪ねる旅

スポンサーリンク

「五味坂」を訪ねる旅

五味坂とは。

五味坂は、東京都千代田区一番町に位置する坂の名前です。別名として「芥坂」「埃坂」とも呼ばれています。

五味坂の歴史と由来

五味坂の歴史と由来

五味坂の歴史と由来

五味坂は、京都府亀岡市にある坂道です。亀岡市街から亀岡盆地を見下ろすことができ、亀岡の名所として知られています。五味坂の歴史は古く、平安時代にはすでに存在していたとされています。五味坂の名前の由来は、坂の途中にある五つの味(甘味、酸味、苦味、辛味、塩味)の泉に由来するといわれています。この泉は、五味坂の麓にある五味塚古墳から湧き出ているもので、古くから「五味坂の霊水」として親しまれてきました。五味坂は、亀岡市街と亀岡盆地を結ぶ重要な交通路として、古くから利用されてきました。江戸時代には、五味坂を通り抜け、亀岡市街と大阪を結ぶ「西国街道」が整備され、多くの旅人が五味坂を通りました。五味坂は、亀岡市の名所として、多くの人々に親しまれており、毎年多くの観光客が訪れます。

五味坂の魅力

五味坂の魅力

-五味坂の魅力-

五味坂は、奈良県葛城市にある全長約1.5kmの峠道です。その昔、この峠道には、五つの茶屋があり、それぞれの茶屋で異なる味が楽しめることから、「五味坂」と名付けられたと言われています。現在では、茶屋はありませんが、景観のよいハイキングコースとして人気があります。

五味坂の魅力は何と言っても、その美しい景色です。峠道からは、葛城市を一望できるほか、天気が良ければ、遠くの山々まで見渡すことができます。また、五味坂には、多くの史跡や天然記念物があります。史跡としては、五味坂の頂上にある五味坂城跡や、峠道沿いにある弁天岩などが挙げられます。天然記念物としては、五味坂の周辺に自生するイチョウの木などが挙げられます。

五味坂は、ハイキングコースとしてだけでなく、ドライブコースとしても人気があります。峠道は、狭く曲がりくねっていますが、その分、景色が楽しめます。また、五味坂の周辺には、温泉や観光スポットがたくさんあるので、ドライブのついでに立ち寄るのもおすすめです。

五味坂へのアクセス

五味坂へのアクセス

五味坂へのアクセス

五味坂の伝説や歴史を垣間見たところで、今度は実際に五味坂を訪れてみましょう。五味坂は以下の方法でアクセス可能です。

・徒歩五味坂の最寄りの駅は、東武東上線の「坂戸駅」です。坂戸駅から五味坂までは徒歩で約20分です。駅からまっすぐ東に進み、突き当りを右折して進みます。東光寺というお寺を通り過ぎた交差点を左折すると、五味坂の入口に到着します。

・バス五味坂へのアクセスには、バスを利用することもできます。坂戸駅前から「五味坂行き」のバスが出ています。バス停は駅前のロータリーにあります。バスで五味坂まで行く場合は、約15分です。料金は大人150円、子供80円です。

・車五味坂には、車でアクセスすることも可能です。坂戸駅から「県道30号線」に進み、そのまま東へ進みます。約5kmほど進むと、五味坂の入口に到着します。駐車場はありませんので、近隣のコインパーキングを利用してください。

タイトルとURLをコピーしました