金王坂とは?歴史や由来を深掘り!

スポンサーリンク

金王坂とは?歴史や由来を深掘り!

金王坂とは。

金王坂とは、東京都渋谷区渋谷にある200メートルほどの坂のこと。青山通りの宮益坂上交差点付近に位置する。1979年に区画整理に伴って旧地名「金王町」が消滅した際に、周辺自治会によって命名された。

金王坂の歴史

金王坂の歴史

-金王坂の歴史-

金王坂は、京都市左京区にある坂道で、平安京の時代から存在する歴史ある坂道です。平安時代には、この坂道の近くに金王丸という武士が住んでおり、そのことから金王坂と呼ばれるようになりました。金王丸は、源頼光の四天王の一人として知られ、鬼退治の伝説で有名です。

金王坂は、平安時代から鎌倉時代にかけて、京都と鎌倉を結ぶ街道として利用されていました。また、この坂道は、京都と比叡山を結ぶ参詣道としても利用されていました。比叡山は、天台宗の総本山であり、多くの僧侶や参拝者が行き来する場所でした。

金王坂は、江戸時代には、京都と大津を結ぶ街道として利用されていました。また、この坂道は、京都と醍醐寺を結ぶ参詣道としても利用されていました。醍醐寺は、真言宗醍醐派の総本山であり、多くの僧侶や参拝者が行き来する場所でした。

金王坂は、明治時代以降、京都市内を走る道路として利用されています。また、この坂道は、京都観光のスポットとしても知られています。金王坂には、金王丸を祀る金王弁財天社や、京都の街並みを一望できる金王展望台などがあります。

金王坂の由来

金王坂の由来

金王坂の由来は、諸説ありますが、最も有力な説は、坂の上に金王八幡宮があることから、その名前が付いたという説です。金王八幡宮は、平安時代末期に、源頼朝が鎌倉幕府を開いたときに、守護神として勧請した神社です。金王八幡宮は、鎌倉幕府の崇敬を集め、多くの参拝者が訪れるようになりました。そのため、金王八幡宮までの道のりは、次第に整備され、金王坂と呼ばれるようになりました。

もう1つの説は、金王坂は、坂の途中にある金王水という湧き水から、その名前が付いたという説です。金王水は、鎌倉幕府の将軍が、戦勝祈願のために飲んだと伝えられる湧き水です。金王水は、鎌倉幕府の将軍が飲んだということもあり、多くの人々に信仰され、金王坂は、金王水を飲みに訪れる人々で賑わうようになりました。

また、金王坂は、鎌倉幕府が滅亡した後も、多くの参拝者が訪れるようになりました。金王八幡宮は、鎌倉幕府の守護神でしたが、鎌倉幕府が滅亡した後も、多くの人々から信仰を集め続けました。そのため、金王八幡宮までの道のりは、次第に整備され、金王坂は、鎌倉を代表する観光スポットの1つとなりました。

金王坂の周辺スポット

金王坂の周辺スポット

金王坂の周辺スポット

金王坂は、東京都文京区にある坂道です。千駄木駅から根津駅まで続く、約200メートルの坂道で、江戸時代には「金王丸坂」と呼ばれていました。金王坂には、多くの歴史的なスポットがあり、また、近年ではドラマや映画のロケ地としても人気が高まっています。

金王坂の周辺スポットとしては、まずは、根津神社があります。根津神社は、平安時代初期に創建された、都内有数の古社です。境内には、樹齢700年以上のイチョウの木があり、紅葉の時期には見事な黄葉を楽しむことができます。

また、金王坂の周辺には、多くの寺院があります。その一つが、法明寺です。法明寺は、鎌倉時代に創建された、浄土宗の寺院です。境内には、重要文化財に指定されている本堂や、五百羅漢像があります。

さらに、金王坂の周辺には、多くの美術館や博物館があります。その一つが、根津美術館です。根津美術館は、1929年に開館した、日本の美術品を展示する美術館です。また、金王坂のすぐ近くには、言問通りがあり、そこには、多くの飲食店や雑貨店が軒を連ねています。

このように、金王坂の周辺には、多くの歴史的なスポットや、美術館、博物館、飲食店などがあります。金王坂を訪れた際には、ぜひ、周辺のスポットも巡ってみてください。

タイトルとURLをコピーしました