日本の道百選の名水「大山道路」で味わう、大山の自然

スポンサーリンク

日本の道百選の名水「大山道路」で味わう、大山の自然

大山道路とは。

大山道路とは、鳥取県の名峰大山を観光するための道路の通称です。この道路は「県道24号米子大山線」とも呼ばれ、大山観光道路とも呼ばれています。道路の沿道には、江戸時代に植えられたクロマツの並木が残っています。米子市の大山入口交差点から大山寺までの約4.8キロメートル区間が「日本の道百選」(建設省)に選定されており、この区間は1963年に有料道路として整備され現在は無料化されています。

大山道路沿いの見どころスポット

大山道路沿いの見どころスポット

大山道路沿いの見どころスポット

大山道路は、岡山県と鳥取県の県境にある大山を貫く延長約13kmの道路です。日本の道百選に選ばれており、大山の自然を満喫できるドライブコースとして人気があります。ドライブコースとしてだけでなく、道沿いには見どころスポットがたくさんあるので、ハイキングやサイクリングもおすすめです。

大山道路の見どころスポットは、まず大山寺です。大山寺の境内には、大山寺本堂や大山寺奥院、大山寺五大堂など、多くの文化財があります。また、大山寺からは大山を望むことができます。大山寺は、国の特別史跡・特別名勝に指定されており、大山観光のハイライトスポットです。

大山道路の見どころスポットは、大山寺だけではありません。大山道路沿いには、他にも数多くの見どころスポットがあります。例えば、大山阿夫利神社、大山ケーブルカー、大山まきばみるくの里、大山ホワイトリゾートなどがあります。大山阿夫利神社は、大山の山頂にある神社で、大山を祀っています。大山ケーブルカーは大山の山頂まで行くケーブルカーで、大山を気軽に楽しむことができます。大山まきばみるくの里は、大山の麓にある牧場で、牧場での体験や乳製品の販売を行っています。大山ホワイトリゾートは、大山の麓にあるスキー場で、冬にはスキーやスノーボードを楽しむことができます。大山道路沿いには、このようにさまざまな見どころスポットがあるので、ドライブやハイキング、サイクリングの途中で立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

大山道路をドライブする際の注意点

大山道路をドライブする際の注意点

大山道路をドライブする際の注意点

大山道路は、美しい景観や豊かな自然を楽しめるドライブコースとして人気があります。しかし、狭い道や急カーブが多いので、運転には注意が必要です。また、野生動物が飛び出してくることもありますので、十分に注意して運転してください。

大山道路をドライブする際の注意点としては、以下のことが挙げられます。

・狭い道や急カーブが多いので、安全運転を心がけましょう。
・野生動物が飛び出してくることがありますので、十分に注意して運転してください。
・駐車場は限られていますので、早めに行動されることをお勧めします。
・冬期は積雪や凍結の可能性がありますので、スタッドレスタイヤやチェーンを装備してください。
・大山道路は、夏期でも朝夕は冷え込むことがありますので、羽織ものを持参されることをお勧めします。

これらの注意点を守って、大山道路のドライブを楽しんでください。

タイトルとURLをコピーしました