渋谷区千駄ヶ谷「榎坂」の歴史と由来

スポンサーリンク

渋谷区千駄ヶ谷「榎坂」の歴史と由来

榎坂とは。

東京都渋谷区千駄ヶ谷にある坂で、榎坂と呼ばれています。この坂の名前は、昔、この坂に榎の巨木があったことに由来していると言われています。

榎坂の歴史と由来

榎坂の歴史と由来

榎坂の歴史と由来

榎坂は、東京都渋谷区千駄ヶ谷にある坂である。渋谷区の南西部に位置し、北は神宮前二丁目、南は霞ヶ丘町に接している。坂の名称は、坂の途中に榎の木が生えていたことに由来するという。榎坂は、古くから人々の往来が盛んな場所であったとされており、江戸時代には、参勤交代の際に大名行列が通ったと伝えられている。また、明治時代には、夏目漱石や森鴎外などの文豪が、この坂を散歩したとされている。

榎坂は、現在では、高級住宅街として知られており、多くの著名人が住んでいる。また、坂の途中には、榎坂公園や榎坂児童遊園などがあり、地域住民の憩いの場となっている。榎坂は、渋谷区の観光スポットとしても知られており、多くの観光客が訪れる。坂の途中からは、明治神宮や東京タワーなどの景色を眺めることができる。

榎坂にある榎の巨木

榎坂にある榎の巨木

榎坂にある榎の巨木

榎坂の名の由来になった榎の巨木は、坂の途中にそびえています。樹齢推定600年、高さ約15メートル、幹周り約4.5メートルの大木です。この榎は、かつては榎の木が坂道一面に生い茂っていたことから、榎木坂と呼ばれていたそうです。しかし、いつしか坂の途中に1本だけ残され、現在では榎坂と呼ばれるようになりました。

榎の巨木は、渋谷区の天然記念物に指定されており、地域のシンボルとして親しまれています。また、パワースポットとしても知られており、多くの人が訪れる場所となっています。榎の巨木に触れると、厄除けや開運のご利益があると言われています。

榎の巨木は、渋谷区の貴重な自然遺産です。これからも大切に保存され、地域の人々に親しまれる存在であり続けてくれるでしょう。

榎坂近隣の見どころ

榎坂近隣の見どころ

榎坂近隣の見どころ

榎坂の周辺には、多くの観光スポットがあります。その中でも特に有名なのが、明治神宮です。明治神宮は、明治天皇と昭憲皇太后を祀る神社で、都内でも有数の観光スポットとなっています。明治神宮の境内は広く、緑豊かな森が広がっています。森の中には、明治天皇が植樹した樹木も多く残されており、自然を満喫することができます。また、明治神宮には、宝物殿や能楽堂など、様々な施設もあります。

明治神宮の他にも、榎坂の周辺には、多くの観光スポットがあります。例えば、国立競技場は、サッカーやラグビーなどのスポーツイベントが行われるスタジアムです。また、国立新美術館は、現代美術の展示を行う美術館です。他にも、渋谷区立中央図書館や、NHK放送博物館など、様々な文化施設が充実しています。

榎坂の周辺は、観光スポットが充実しており、1日中楽しむことができます。また、榎坂の周辺は、飲食店や宿泊施設も充実しており、観光に最適な場所です。

タイトルとURLをコピーしました