久場島の魅力を大解剖!

スポンサーリンク

久場島の魅力を大解剖!

久場島とは。

久場島は、沖縄県島尻郡座間味村、阿嘉島阿嘉地区の南西約3.8kmにある無人島です。島の名前は、沖縄方言で蒲葵(びろう)を意味する「クバ」に由来しています。沖縄県石垣市にある久場島とは別の島です。

久場島の美しい自然と景観

久場島の美しい自然と景観

久場島の美しい自然と景観

久場島は、沖縄県の久米島列島に属する島です。面積は1.3平方キロメートル、人口は約200人です。島全体が亜熱帯性気候に属し、年間平均気温は22℃前後です。久場島は、美しい自然と景観を有する島として知られており、島の約80%が亜熱帯照葉樹林に覆われています。また、島には、美しいビーチやサンゴ礁があり、シュノーケリングやダイビングなどのマリンスポーツを楽しむことができます。

久場島の自然と景観を代表するスポットのひとつが、久場島灯台です。久場島灯台は、島の北端に位置する灯台で、1895年に建設されました。灯台からは、久場島の美しい海岸線や久米島列島の島々を一望することができます。また、久場島灯台は、日本の灯台50選にも選ばれており、多くの観光客が訪れます。

久場島のもうひとつの観光スポットが、久場島のビーチです。久場島のビーチは、白い砂浜と透明度の高い海が特徴です。島の北側には、大原ビーチや仲原ビーチがあり、シュノーケリングやダイビングを楽しむことができます。また、島の南側には、イーフビーチやユアイビーチがあり、美しいサンセットを眺めることができます。

久場島の歴史と文化

久場島の歴史と文化

久場島の歴史と文化

久場島は、日本の瀬戸内海に位置する小さな島で、面積は約13平方キロメートル、人口は約3,000人です。久場島は、長い歴史を持ち、古くから瀬戸内海の交易拠点として栄えてきました。また、古くから神々を祀る島として知られ、島内には多くの神社や仏閣が点在しています。

久場島の歴史は、縄文時代まで遡ります。島のあちこちで縄文時代の遺跡が発見されており、この島には古くから人が住んでいたことが分かっています。また、古墳時代には、久場島に豪族が住み着き、島を支配していたようです。

平安時代になると、久場島は瀬戸内海の交易拠点として栄えます。島の港には、多くの船舶が寄港し、島は賑わいを見せていました。また、この頃、久場島に仏教が伝来し、島内に多くの寺院が建てられました。

鎌倉時代になると、久場島は、源平合戦の舞台となります。源氏と平氏の軍が、この島で激しく戦いました。この戦いで、久場島は荒廃し、多くの住民が亡くなりました。

室町時代になると、久場島は、細川氏の支配下に入ります。細川氏は、久場島に城を築き、島を支配しました。また、この頃、久場島にキリスト教が伝来し、島内に教会が建てられました。

江戸時代になると、久場島は、徳川氏の支配下に入ります。徳川氏は、久場島に奉行所を置き、島を支配しました。また、この頃、久場島に多くの神社が建てられました。

明治維新後、久場島は、日本の近代化とともに発展していきます。島内に学校や病院が建てられ、島の生活は豊かになりました。また、この頃、久場島に多くの観光客が訪れるようになり、島は観光地として知られるようになりました。

現在、久場島は、瀬戸内海の温暖な気候と美しい自然に恵まれた観光地として知られています。島内には、多くの史跡や観光スポットがあり、毎年多くの観光客が訪れます。また、久場島は、漁業や農業が盛んで、新鮮な魚介類や農産物が採れます。久場島の特産品である「久場島レモン」は、全国的に知られています。

久場島へのアクセスと観光情報

久場島へのアクセスと観光情報

久場島へのアクセスと観光情報

久場島へのアクセスは、フェリーまたはヘリコプターが利用できます。フェリーは、鹿児島本線の川内駅からバスと徒歩で鹿児島県いちき串木野市のパールシー直江港まで行き、そこから約1時間で久場島に到着します。ヘリコプターは、鹿児島空港から約15分で久場島に到着します。

久場島は、周囲約2kmの小島ですが、その魅力は尽きません。島の周囲には、白砂のビーチが広がり、シュノーケリングやダイビングなどのマリンスポーツが楽しめます。また、島の中央部には、標高267mの久場岳があり、トレッキングコースが整備されています。

久場島には、宿泊施設や飲食店が数多くあり、観光客が快適に滞在することができます。島の特産品である「久場島の塩」は、お土産に人気です。

久場島は、美しい自然と豊かな歴史が残る島の魅力を大解剖できる場所です。ぜひ一度、久場島を訪れてみてはいかがでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました