「談合島」の謎を追う

スポンサーリンク

「談合島」の謎を追う

談合島とは。

熊本県上天草市、島原湾に浮かぶ天草諸島の島「湯島」には、談合島という別称があります。この別称は、島原の乱の際に、天草四郎をはじめとする天草・島原のキリシタンの指導者たちが、この島に密かに集まって反乱の計画を練ったという言い伝えに由来しています。

談合島の歴史

談合島の歴史

談合島の歴史

談合島の歴史は古く、縄文時代にはすでに人が住んでいたことがわかっています。島には縄文時代の遺跡がたくさん残されており、その中には、島の中央にある標高100メートルほどの丘にある「談合島遺跡」があります。この遺跡は、縄文時代中期から後期にかけての集落跡で、竪穴住居跡や土器片、石器などが出土しています。

談合島は、江戸時代まで無人島でしたが、江戸時代末期に、漁師たちが島にやって来て、定住するようになりました。漁師たちは、島の周りに網を張って魚を捕まえ、生活していました。明治時代になると、島の人口は増加し、学校や郵便局が建設されました。また、島の西側には、製塩工場が建設され、塩の生産が行われていました。

昭和時代になると、談合島は観光地として知られるようになりました。島には、美しいビーチやサンゴ礁があり、多くの観光客が訪れるようになりました。また、島の西側にある製塩工場は、国の史跡に指定されました。

平成時代になると、談合島の人口は減少しましたが、それでも、島には約100人が住んでいます。島の人たちは、漁業や観光業を中心に生活しています。また、島には、談合島小学校と談合島郵便局があり、島の人たちの生活を支えています。

談合島にまつわる伝説

談合島にまつわる伝説

談合島にまつわる伝説

談合島には、いくつかの伝説があります。その一つは、談合島はかつては本土とつながっていたという伝説です。本土との境は、後に関東大震災によって陥没して海中に没したと言われています。

談合島には、かつては、一人の漁師が住んでいました。その漁師は、ある日、海を眺めていると、海の中に島が浮かんでいるのを見つけました。漁師は、島に渡り、島を探索し始めました。すると、島には、黄金の像が置かれているのを見つけました。

漁師は、黄金の像を持ち帰り、村人に見せました。村人は、黄金の像を見て、大喜びしました。そして、その島を「談合島」と名づけ、毎年、島に渡って黄金の像を拝むようになりました。

談合島には、もう一つ、伝説があります。それは、談合島には、人魚が住んでいるという伝説です。人魚は、長い髪と美しい声を持つ海の生き物です。ある日、一人の青年が、海で人魚を見かけました。青年は、人魚に一目ぼれし、人魚に求婚しました。人魚は、青年の求婚を受け入れ、二人は結婚しました。

しかし、人魚と青年の結婚は、長くは続きませんでした。ある日、人魚は、海に戻ってしまいました。青年は、人魚が海に戻ったことを悲しみ、毎日、海を眺めながら人魚を待っていました。そして、ある日、青年は、海で人魚を見つけました。人魚は、青年に微笑みかけ、青年は、人魚に抱きしめられました。その時、青年は、人魚と一緒に海の中へと消えていきました。

談合島の自然と観光地

談合島の自然と観光地

談合島の自然と観光地

談合島は、神奈川県足柄下郡箱根町にある島で、箱根町の観光スポットのひとつです。箱根ロープウェー早雲山駅から徒歩約15分のところに位置しており、芦ノ湖の北西に浮かぶ周囲約1kmの小さな島です。島内は緑豊かな森林に覆われており、野生の鹿が生息しています。また、談合島には、いくつかの観光スポットがあり、なかでも有名なのが、島の中心にある「談合島神社」です。談合島神社は、1200年以上の歴史を持つ古社で、縁結びや厄除けのご利益があるとされています。

談合島には、談合島神社以外にも、いくつかの観光スポットがあります。島の北側にある「箱根駒ケ岳ロープウェー」は、談合島から駒ケ岳山頂までを結ぶロープウェーで、山頂からは富士山や芦ノ湖を一望することができます。また、島の南側にある「談合島温泉」は、奈良時代から続く古湯で、神経痛や筋肉痛に効果があると言われています。

談合島は、自然豊かな島で、観光スポットも豊富です。箱根を訪れた際には、ぜひ談合島に立ち寄ってみてください。

タイトルとURLをコピーしました