「妙宣寺」の歴史と魅力

スポンサーリンク

「妙宣寺」の歴史と魅力

妙宣寺とは。

妙宣寺とは、新潟県佐渡市にある日蓮宗の寺院のことです。このお寺にある五重塔は、1825年に建てられ、国の重要文化財に指定されています。また、このお寺には、正中の変(1324年)で佐渡配流となった日野資朝(すけとも)の墓があります。

五重塔の美しさ

五重塔の美しさ

妙宣寺の五重塔は、その美しさで知られています。高さ30メートル、各層の屋根の反りが美しい姿です。塔の内部には、釈迦牟尼仏、阿弥陀如来、薬師如来の三尊仏が安置されています。五重塔は、妙宣寺のシンボル的存在であり、国の重要文化財にも指定されています。

五重塔は、鎌倉時代初期の1221年に建立されました。元々は、木造の塔でしたが、1645年の火災で焼失してしまいました。現在の五重塔は、1651年に再建されたものです。五重塔は、妙宣寺の境内の中央に位置し、遠方からもその姿を見ることができます。

五重塔は、妙宣寺の見どころの一つであり、多くの観光客が訪れます。五重塔の内部は公開されておらず、中には入ることができませんが、塔の周りを一周して、その美しさを見学することができます。五重塔は、妙宣寺の長い歴史を物語る貴重な建造物であり、国の重要文化財にも指定されています。

日野資朝の墓

日野資朝の墓

日野資朝の墓

妙宣寺境内には、日野資朝の墓があります。日野資朝は、鎌倉時代後期から南北朝時代の武将であり、初代足利将軍足利尊氏の側近として活躍しました。資朝は、元弘3年(1333年)に鎌倉幕府を滅ぼした元弘の乱で戦死し、その遺骸は妙宣寺に葬られました。

資朝の墓は、妙宣寺の本堂の脇にある墓地にあります。墓は、五輪塔と宝篋印塔が組み合わさったもので、五輪塔の上には宝篋印塔が載っています。五輪塔は、地・水・火・風・空の五元素を表しており、宝篋印塔は、経典を納める塔婆を模したものです。

資朝の墓は、鎌倉時代後期の武将の墓として貴重な史跡であり、また、妙宣寺の歴史を伝える重要な史料でもあります。

妙宣寺の歴史

妙宣寺の歴史

妙宣寺の歴史は約700年前にさかのぼります。1326年、日蓮宗の開祖である日蓮聖人の弟子である日像上人が、この地に妙宣寺の前身となるお堂を建立したのが始まりです。その後、日像上人は、妙顕寺の法華経を教学する拠点として、このお堂を整備し、妙宣寺と名付けました。

江戸時代になると、妙宣寺は、徳川将軍家からの保護を受け、隆盛を極めました。4代将軍である徳川家綱は、妙宣寺に多くの寄進を行い、その中でも特に重要なのが、1658年に寄進された「本堂」です。この本堂は、現在も妙宣寺のシンボルとして残されています。

明治時代になると、妙宣寺は、廃仏毀釈の運動によって、一時的に衰退しましたが、その後、徐々に復興し、現在では、日蓮宗の関東総本山として、多くの信徒が参拝する名刹となっています。

タイトルとURLをコピーしました