十貫坂の由来と歴史

スポンサーリンク

十貫坂の由来と歴史

十貫坂とは。

十貫坂とは、東京都杉並区和田から中野区本町へ通じる坂の名称です。「じっかんざか」とも「じゅっかんざか」とも呼びます。

十貫坂の由来

十貫坂の由来

十貫坂の由来

十貫坂は、東京都千代田区大手町と中央区日本橋を結ぶ坂道である。別名、大名坂とも呼ばれ、江戸時代には大名屋敷が立ち並び、参勤交代の際に大名行列が通ったことからその名がついた。坂の勾配が急なことから、荷車を引き上げる際に十貫の力を必要としたことから、十貫坂という名がついたという説もある。

十貫坂の由来は諸説あるが、いずれの説も坂の勾配の急さを物語っている。急な坂道のため、江戸時代には荷車を引き上げる際に十貫の力を必要としたことから、十貫坂という名がついたという説が有力である。また、大名屋敷が立ち並び、参勤交代の際に大名行列が通ったことから、大名坂とも呼ばれた。

十貫坂は、江戸時代には重要な街道であり、多くの旅人が行き交った。現在では、オフィスビルやマンションが立ち並ぶビジネス街となっているが、坂の勾配の急さは当時のまま残っている。また、坂の途中には、江戸時代から続く老舗の飲食店や和菓子屋が点在しており、歴史を感じさせる街並みとなっている。

十貫坂の歴史

十貫坂の歴史

十貫坂の歴史は、古いものと新しいものの両方が混在している。坂の名前の由来は、かつてこの坂を登るのに十貫(約37.5キログラム)の関税を支払わなければならなかったことに由来する。江戸時代、この坂は東海道の重要な宿場町である箱根と、江戸をつなぐ重要なルートであり、多くの商人が荷物を運ぶために利用していた。そのため、この坂を登るために十貫の関税を支払わなければならず、それが坂の名前の由来となった。

十貫坂の歴史は、十貫の関税だけでなく、他の出来事でも知られている。この坂は、江戸時代には多くの強盗が発生したことで知られていた。強盗たちは、この坂を登る商人を襲って荷物を奪っていたが、江戸幕府は、この坂に番所を設けて、強盗を取り締まっていた。

十貫坂の歴史は、江戸時代だけでなく、明治時代以降も続いている。明治時代には、この坂に鉄道が敷設され、人や物がより簡単に運べるようになった。しかし、鉄道の開通によって、この坂を利用する商人が減り、坂の重要性は低下した。現在、十貫坂は、観光客が訪れるスポットとして知られている。この坂には、十貫坂茶屋や十貫坂不動尊などの観光スポットがあり、多くの観光客が訪れている。

十貫坂の周辺情報

十貫坂の周辺情報

-# 十貫坂の周辺情報

十貫坂は、東京都千代田区九段北と新宿区下落合を結ぶ坂である。坂の名称は、江戸時代にこの坂を上る際に十貫の通行料がかかったことに由来する。十貫坂は、周辺に多くの史跡や観光スポットがある。

十貫坂の周辺にある史跡や観光スポットとしては、まず、九段坂公園がある。九段坂公園は、九段坂の北側にある公園で、靖国神社の敷地内に位置する。九段坂公園は、桜の名所として知られ、毎年春になると多くの人が花見に訪れる。

また、十貫坂の周辺にある観光スポットとしては、靖国神社がある。靖国神社は、九段坂の南側にある神社で、戊辰戦争から太平洋戦争までの戦没者を祀っている。靖国神社は、国の重要文化財に指定されており、毎年多くの観光客が訪れる。

さらに、十貫坂の周辺には、多くの飲食店や商店がある。十貫坂の周辺にある飲食店としては、そば屋やラーメン屋、居酒屋などがある。十貫坂の周辺にある商店としては、コンビニエンスストアやドラッグストア、スーパーマーケットなどがある。

十貫坂は、歴史と文化が息づく街である。十貫坂の周辺には、多くの史跡や観光スポットがあり、また、飲食店や商店も充実している。十貫坂は、観光客にも地元の人にも人気の街である。

タイトルとURLをコピーしました