稲荷坂

スポンサーリンク

稲荷坂

稲荷坂とは。

稲荷坂とは、東京都目黒区上目黒にある坂の名称で、その名の由来は、付近にある刺抜稲荷大明神からきています。

稲荷坂の歴史

稲荷坂の歴史

稲荷坂の歴史

稲荷坂は、江戸時代から続く歴史ある坂道です。その名の通り、坂の途中には稲荷神社が鎮座しており、古くから人々の信仰を集めてきました。また、坂の近くには、かつて料亭やお茶屋が軒を連ね、花街として栄えていた時期もありました。

稲荷坂は、文学作品にもしばしば登場します。例えば、夏目漱石の小説『三四郎』では、主人公が稲荷坂を上り下りするシーンが描かれています。また、芥川龍之介の小説『羅生門』では、主人公が稲荷坂の近くで老婆に出会うシーンが描かれています。

稲荷坂は、現在でも多くの人々に親しまれている坂道です。坂の上からは、東京の街並みを一望することができます。また、坂の途中にある稲荷神社には、多くの人が参拝に訪れます。稲荷坂は、江戸の風情が残る貴重な坂道として、これからも人々に愛され続けるでしょう。

刺抜稲荷大明神

刺抜稲荷大明神

刺抜稲荷大明神

稲荷坂の途中、左側には小さな祠(ほこら)が祀られていて、刺抜稲荷大明神と呼ばれています。この祠は、古くからこの地で信仰されてきた稲荷神を祀るものです。稲荷神は、五穀豊穣や商売繁盛の神様として知られ、人々から厚く信仰されています。

刺抜稲荷大明神は、その名の通り、刺を抜く神様として信仰されています。昔、この地の猟師が狩りの最中に木の枝で目を刺してしまい、苦しんでいたところ、この稲荷神に祈り願ったところ、たちまち目が治癒したという言い伝えが残されています。それ以来、刺抜稲荷大明神は、目に関する病気を治す神様として信仰されるようになりました。

また、刺抜稲荷大明神は、商売繁盛の神様としても信仰されています。この地は、古くから商人が多く住む町として栄えており、商売繁盛を願う人々がこの稲荷神を祀るようになりました。刺抜稲荷大明神は、商売繁盛にご利益がある神様として、人々から厚く信仰されています。

刺抜稲荷大明神は、小規模な祠ですが、人々から厚く信仰されている稲荷神を祀る場所です。この地を訪れた際には、ぜひお参りしてみてはいかがでしょうか。

周辺スポット

周辺スポット

稲荷坂の周辺には、歴史的建造物や緑豊かな公園など、さまざまなスポットがあります。

稲荷坂を上り切ったところにある「稲荷神社」は、平安時代から続く由緒ある神社で、朱色の鳥居が印象的です。境内には、ご神木である千年杉や、厄除けのご利益があるとされる「お狐さま」の像があります。

稲荷坂の近くに位置する「谷中墓地」は、多くの文人や芸術家が眠る霊園として知られています。夏目漱石、谷崎潤一郎、芥川龍之介など、日本を代表する作家たちの墓があり、文学ファンにとっては必見のスポットです。

稲荷坂から少し足を伸ばすと、「上野公園」があります。上野公園は、国立科学博物館、国立西洋美術館、国立博物館など、多くの美術館や博物館が集まる文化の拠点です。また、広大な敷地には桜の名所「上野恩賜公園」もあり、春には花見客でにぎわいます。

稲荷坂周辺は、歴史と文化が息づく魅力的なエリアです。ぜひ一度、散策してみてはいかがでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました