伊豆諸島の「北小島」とは?無人島の魅力に迫る!

スポンサーリンク

伊豆諸島の「北小島」とは?無人島の魅力に迫る!

北小島とは。

北小島は、東京都八丈支庁の管轄にある伊豆諸島の須美寿島に属する無人島です。2009年に政府が定めた「海洋管理のための離島の保全・管理のあり方に関する基本方針」に基づいて、名称が付けられた離島の一つです。

北小島の基本情報

北小島の基本情報

北小島の基本情報

北小島は、東京都小笠原村に属する伊豆諸島の無人島です。北硫黄島と南硫黄島の中間、父島から南西約650kmに位置しており、面積は約0.17km2、周囲は約1.1kmです。最高点は標高28mの北小島山で、島全体が溶岩で覆われています。

北小島は、1825年にイギリスの捕鯨船によって発見され、1876年に日本政府によって領有されました。その後、無人島として放置されていましたが、1939年に父島からの移民によって入植され、1944年まで人が住んでいました。

現在、北小島には人は住んでいませんが、毎年多くの観光客が訪れます。島の周囲にはサンゴ礁が広がり、ダイビングやシュノーケリングが楽しめます。また、島内には様々な動植物が生息しており、バードウォッチングやトレッキングも人気です。

北小島は、伊豆諸島の他の島とは一味違った魅力を持つ無人島です。自然豊かな島で、手つかずの自然を満喫することができます。

北小島の魅力

北小島の魅力

北小島の魅力

伊豆諸島の無人島、「北小島」は、伊豆半島の南約60kmに位置する小さな島です。周囲約1.5km、面積は約0.5平方キロメートルと、非常に小さな島ですが、その美しい自然と手つかずの景観で人気があります。

北小島は、周囲を海に囲まれた島であるため、透明度の高い海でシュノーケリングやダイビングを楽しむことができます。また、島内には、熱帯植物が生い茂るジャングルや、奇岩や洞窟など、魅力的なスポットが数多くあります。

北小島は、無人島であるため、宿泊施設や飲食店などの施設はありません。そのため、島を訪れる際には、食料や飲料水、テントなどの宿泊装備を持参する必要があります。また、島内には、トイレや水道などの設備もありません。そのため、事前に用を足したり、飲料水を用意したりしておく必要があります。

北小島は、無人島であるため、人や動物の痕跡がほとんど残っていません。そのため、手つかずの自然を満喫することができます。また、島内には、希少な動植物が生息しているため、自然観察を楽しむことができます。

北小島は、無人島であるため、アクセスが不便です。島を訪れる際には、ボートやヘリコプターなどを利用する必要があります。また、島内には、道路や公共交通機関がないため、島内を移動するには、徒歩で移動する必要があります。

北小島は、無人島であるため、訪れる際には、十分な準備が必要です。しかし、その美しい自然と手つかずの景観は、訪れる価値のある島です。

北小島へのアクセス

北小島へのアクセス

北小島へのアクセスは、東京都の竹芝桟橋から出航する東海汽船の客船を利用するのが一般的です。竹芝桟橋から北小島までは、約11時間30分です。また、東海汽船では、大島や利島を経由して北小島へ向かう便も運航しています。大島経由の便は、竹芝桟橋から北小島までは、約14時間30分、利島経由の便は、竹芝桟橋から北小島までは、約16時間30分かかります。

北小島へのアクセスには、東海汽船の客船以外にも、チャーター船を利用する方法もあります。チャーター船は、東京都の竹芝桟橋や神奈川県の横須賀港などから出航しています。チャーター船を利用する場合、料金は船の大きさや航行距離によって異なります。

北小島は、伊豆諸島の無人島の中では、比較的アクセスしやすい島です。しかし、北小島へのアクセスには、多少時間がかかります。そのため、北小島を訪れる際には、時間に余裕を持って計画を立てる必要があります。

タイトルとURLをコピーしました