片島って、どんな島?

スポンサーリンク

片島って、どんな島?

片島とは。

片島とは、山口県大島郡周防大島町に位置する無人島で、屋代島の東、保木鼻の沖合に浮かんでいます。

片島の歴史と文化

片島の歴史と文化

-片島の歴史と文化-

片島は、瀬戸内海のほぼ中央に位置する小さな島です。面積は約1.5平方キロメートル、人口は約1,000人です。片島の歴史は古く、奈良時代にはすでに人が住んでいたと言われています。平安時代には、藤原氏によって開拓され、室町時代には、毛利氏によって支配されました。江戸時代には、徳川幕府の直轄地となり、明治時代には、広島県に編入されました。

片島は、温暖な気候と豊かな自然に恵まれた島です。島の大部分は森林で覆われており、海岸線には美しい砂浜が広がっています。また、島内には、多くの史跡や文化施設があり、観光客にも人気があります。

片島の特産品は、牡蠣と海苔です。牡蠣は、瀬戸内海の温暖な気候と豊富な栄養分で、身が大きくぷりぷりに育ちます。海苔は、片島の海岸線で採れる Porphyra yezoensis を原料として作られています。片島の海苔は、香りが良く、味も濃厚です。

片島は、温暖な気候と豊かな自然に恵まれた、美しい島です。島内には、多くの史跡や文化施設があり、観光客にも人気があります。また、片島の特産品である牡蠣と海苔も絶品です。

片島の自然環境

片島の自然環境

片島の自然環境

片島は瀬戸内海国立公園に属しており、美しい自然環境を有しています。島の周囲には大小さまざまな島々が点在し、リアス式海岸の景観を生み出しています。また、島内には片島県立自然公園があり、原生林や湿地帯などの自然が残されています。

片島の気候は温暖で、年間平均気温は約15度です。夏は暑く、最高気温は30度を超える日もあります。冬は比較的温暖で、最低気温は0度を下回ることはほとんどありません。降水量は年間約1,500ミリで、梅雨や台風の時季に集中しています。

片島の植生は、暖帯林と温帯林が混在しています。暖帯林には、タブノキ、クスノキ、シイノキなどの常緑広葉樹が生育しています。温帯林には、コナラ、クヌギ、カシワなどの落葉広葉樹が生育しています。また、島内には竹林や杉林もあります。

片島の動物相は、多種多様です。鳥類には、ウグイス、メジロ、シジュウカラなどの留鳥が生息しています。また、冬になると、オオハクチョウやマガモなどの渡り鳥が飛来します。哺乳類には、シカ、イノシシ、タヌキ、ハクビシンなどの野生動物が生息しています。また、島内には野生のヤギも生息しています。

片島へのアクセス方法

片島へのアクセス方法

-片島へのアクセス方法-

片島は、広島県呉市にある島です。古くから漁業や海運で栄えた島で、現在は観光地としても人気を集めています。片島へのアクセス方法は、主に以下の3つです。

1. -フェリー-

呉市本土と片島を結ぶフェリーが、呉市営渡船によって運航されています。フェリーは、呉市本土の呉港と片島の片島港を結んでおり、所要時間は約15分です。フェリーの料金は、大人1人片道200円、子供1人片道100円です。

2. -高速艇-

呉市本土と片島を結ぶ高速艇が、呉市交通局によって運航されています。高速艇は、呉市本土の呉港と片島の片島港を結んでおり、所要時間は約10分です。高速艇の料金は、大人1人片道400円、子供1人片道200円です。

3. -自家用車-

呉市本土と片島を結ぶ橋が、片島大橋です。片島大橋は、呉市本土の呉市下蒲刈町と片島の中蒲刈町を結んでおり、全長は約1.4kmです。片島大橋を渡るには、通行料が必要です。通行料は、普通車で片道200円、軽自動車で片道100円です。

タイトルとURLをコピーしました