九十久島の魅力 – 愛媛の秘境を満喫

スポンサーリンク

九十久島の魅力 – 愛媛の秘境を満喫

九十久島とは。

九十久島とは、愛媛県今治市の大島の東、大崎海水浴場の沖合にある無人島です。

九十久島の豊かな自然

九十久島の豊かな自然

九十久島の豊かな自然

九十久島は、愛媛県宇和島市の沖合約10kmに位置する小さな島です。周囲約10km、人口は約100人と、とても小さな島ですが、豊かな自然と美しい景観で知られています。

九十久島には、緑豊かな森林、澄み切った海、そして美しい砂浜があります。特に、島の北部にある弓削ヶ浜は、白い砂浜とエメラルドグリーンの海が美しい絶景スポットとして知られています。また、島の南部にある九十久島灯台は、国の重要文化財に指定されており、九十久島のシンボルとなっています。

九十久島は、自然観察に最適な場所です。島内には、様々な種類の植物や動物が生息しており、バードウォッチングやトレッキングを楽しむことができます。また、島の沖合では、イルカやクジラを見ることもできます。

九十久島は、自然の美しさと歴史に触れることができる魅力的な島です。ぜひ一度、九十久島を訪れてみてください。

九十久島の歴史と文化

九十久島の歴史と文化

九十久島の歴史と文化

九十久島には、長い歴史と独特の文化があります。この島は、古くから瀬戸内海の航路として利用されており、江戸時代には大名や貿易商人が立ち寄る重要な拠点でした。また、九十久島は、映画「男はつらいよ」のロケ地としても知られており、映画ファンには聖地として親しまれています。

島内の観光スポットとしては、九十久島城跡や九十久島神社、九十久島美術館などがあります。九十久島城跡は、かつてこの島を治めていた大名の居城で、現在は公園として整備されています。九十久島神社は、九十久島の氏神を祀る神社で、毎年8月には盛大な祭りが行われます。九十久島美術館には、九十久島にゆかりのある作家の作品などが展示されています。

九十久島の文化は、瀬戸内海の他の島々とは少し異なっています。この島には、独自の言葉である「九十久島弁」があり、島の生活に根ざした独特の文化が育まれてきました。九十久島弁は、瀬戸内海の他の地域の言葉とは異なり、九州の方言に近いと言われています。島の生活に根ざした独自の文化が育まれてきました。九十久島弁は、瀬戸内海の他の地域の言葉とは異なり、九州の方言に近いと言われています。

九十久島へのアクセス

九十久島へのアクセス

九十久島へのアクセス

九十久島へのアクセスは、松山空港からフェリーで約2時間かかります。松山空港からバスで今治港まで約1時間、今治港からフェリーで九十久島まで約1時間です。フェリーは1日2便運航されており、午前10時と午後2時に今治港を出発します。九十久島に到着したら、島内を巡るバスやレンタサイクルを利用することができます。また、島内の観光スポットを巡るタクシーやレンタカーのチャーターも可能です。

タイトルとURLをコピーしました