目黒邸:江戸時代後期に建てられた国指定重要文化財

スポンサーリンク

目黒邸:江戸時代後期に建てられた国指定重要文化財

目黒邸とは。

新潟県魚沼市、奥只見レクリエーション都市公園須原公園内にある目黒邸は、1797年に建てられた主屋、新座敷、蔵などから構成される施設です。これらの建物は「旧目黒家住宅」として国の重要文化財に指定されています。

目黒邸の歴史と建造物

目黒邸の歴史と建造物

目黒邸は、東京都品川区にある江戸時代後期の建造物であり、国の重要文化財に指定されています。1867年に建てられたと推定されており、元々は麻布屏山に住んでいた大名、目黒政矩の邸宅として使用されました。屋敷は、書院、茶室、長屋門などからなる広大な庭園を持ち、当時の大名屋敷の特徴を残しています。また、庭園には池や築山があり、当時の景観を偲ばせます。

明治維新後は、目黒邸は民間に払い下げられ、旅館や料亭として使用されました。その後、1923年の関東大震災で焼失しましたが、1929年に再建されました。1945年の空襲でも被災しましたが、なんとか生き残りました。1950年には、国の重要文化財に指定され、一般公開されています。

目黒邸は、江戸時代後期の建築様式をよく残しており、貴重な歴史的建造物です。また、庭園も広大で美しく、当時の大名屋敷の雰囲気を味わうことができます。ぜひ一度、訪れてみてください。

目黒邸の見どころ

目黒邸の見どころ

目黒邸は、東京都目黒区八雲にある江戸時代後期に建てられた国指定重要文化財です。目黒邸は、江戸時代中期に江戸町奉行を務めた大岡越前守忠相の別邸として建てられました。その後、目黒邸は三井家、安田家、大倉家など、多くの富豪の手に渡りました。

目黒邸の見どころの一つは、江戸時代後期に流行した書院造りの建築様式です。書院造りは、和風建築の様式の一つで、書院や茶室などを備えた、数寄屋造りの一部です。目黒邸の書院造りは、日本の伝統的な建築様式を色濃く残している貴重な文化財です。

目黒邸の見どころのもう一つは、庭園です。目黒邸の庭園は、江戸時代後期の代表的な庭園様式である池泉回遊式庭園です。池泉回遊式庭園は、池や川を中心に、石や木を配した、自然の景観を再現した庭園様式です。目黒邸の庭園は、江戸時代後期の庭園様式の代表的な例として、国の名勝に指定されています。

目黒邸は、江戸時代後期の建築様式や庭園様式を色濃く残している貴重な文化財です。目黒邸は、日本の伝統的な建築様式や庭園様式を学ぶことができる貴重な場所です。

目黒邸を訪れる際の注意点

目黒邸を訪れる際の注意点

-目黒邸を訪れる際の注意点-

目黒邸を訪れる際は、以下の点にご注意ください。

* 目黒邸は、国指定重要文化財であり、大変貴重な建物です。
* 邸内は禁煙です。
* 邸内は、土足厳禁です。スリッパをご利用ください。
* 邸内は、飲食禁止です。
* 邸内の写真撮影は、原則禁止です。特別に許可を得た場合のみ、撮影することができます。
* 邸内は、静かに見学してください。大きな声での会話や、騒ぐことはご遠慮ください。
* 邸内は、ペットの同伴は禁止です。
* 目黒邸は、車椅子での見学も可能です。事前にご連絡いただければ、車椅子用のスロープやエレベーターをご用意いたします。
* 目黒邸は、最寄りの駅から徒歩10分の場所にあります。公共交通機関をご利用ください。
* 目黒邸は、月曜日が休館日です。祝日の場合は、翌日がお休みとなります。

タイトルとURLをコピーしました