なよろもち米街道観光センター

スポンサーリンク

なよろもち米街道観光センター

もち米の里☆なよろとは。

「もち米の里☆なよろ」は、北海道名寄市にある国道40号沿いの道の駅です。

なよろもち米街道観光センターとは

なよろもち米街道観光センターとは

なよろもち米街道観光センターとは

なよろもち米街道観光センターは、北海道名寄市にある観光施設です。なよろもち米街道沿いに位置しており、もち米を使ったグルメや特産品を販売しています。また、もち米の歴史や文化を紹介する展示コーナーや、もち米を使った料理教室も開催されています。

観光センターは、2018年にオープンしました。もち米に関する情報を発信し、もち米を使ったグルメや特産品の販売促進を目的としています。また、もち米の歴史や文化を紹介することで、地域の魅力を発信しています。

観光センターには、もち米を使ったグルメや特産品を販売するコーナーがあります。もち米を使った丼ぶりやカレー、ラーメンなど、さまざまなメニューが販売されています。また、もち米を使ったお菓子やパン、おにぎりなども販売されています。

また、観光センターには、もち米の歴史や文化を紹介する展示コーナーがあります。もち米の栽培方法や歴史、もち米を使った料理などについて紹介されています。また、もち米を使った工芸品や民具なども展示されています。

さらに、観光センターでは、もち米を使った料理教室も開催されています。もち米を使ったおにぎりやおはぎ、団子などの作り方を教えてくれます。料理教室は、予約制となっています。

なよろもち米街道観光センターの見どころ

なよろもち米街道観光センターの見どころ

-なよろもち米街道観光センターの見どころ-

なよろもち米街道観光センターは、北海道名寄市にある観光施設です。もち米の栽培や加工の歴史を学べる展示室や、もち米を使った料理が食べられるレストラン、もち米を使ったお土産が買える売店などがあります。

観光センターの見どころのひとつは、もち米の栽培や加工の歴史を学べる展示室です。展示室には、もち米の品種や栽培方法、もち米を使った料理の歴史などについてのパネルが展示されています。また、もち米の加工の様子を再現したコーナーもあります。

観光センターのもうひとつの見どころは、もち米を使った料理が食べられるレストランです。レストランでは、もち米を使ったおにぎりやもち米を使った天ぷら、もち米を使ったアイスなど、さまざまなもち米料理が提供されています。もち米を使った料理はどれもおいしく、もち米の豊かな風味を楽しむことができます。

観光センターには、もち米を使ったお土産が買える売店もあります。売店では、もち米を使ったおにぎりやもち米を使ったパン、もち米を使ったお菓子など、さまざまなもち米を使ったお土産が販売されています。お土産としてもち米を使った商品を購入すると、もち米の豊かな風味をおうちでも楽しむことができます。

なよろもち米街道観光センターは、もち米の栽培や加工の歴史を学べる施設として、またもち米を使った料理が食べられる施設として、多くの人々に親しまれています。もち米の豊かな風味を堪能したい方は、ぜひなよろもち米街道観光センターを訪れてみてください。

なよろもち米街道観光センターへのアクセス

なよろもち米街道観光センターへのアクセス

なよろもち米街道観光センターへのアクセス

なよろもち米街道観光センターは、北海道名寄市にある観光施設です。名寄市は、北海道のほぼ中央に位置する都市で、もち米の生産が盛んなことから「もち米の里」とも呼ばれています。なよろもち米街道観光センターは、もち米に関する展示や体験ができる施設として、2004年にオープンしました。

なよろもち米街道観光センターへのアクセスは、車の場合、札幌市から約3時間、旭川市から約1時間です。公共交通機関を利用する場合は、JR名寄駅から徒歩で約15分です。

なよろもち米街道観光センターには、もち米に関する展示や体験ができる施設以外にも、レストランや売店、休憩所などがあります。レストランでは、もち米を使った料理を楽しむことができます。売店では、もち米やもち米を使ったお菓子などのお土産を購入することができます。休憩所では、もち米に関する展示を見学したり、購入したお土産を食べたりすることができます。

なよろもち米街道観光センターは、もち米に関する展示や体験ができる施設として、多くの人々に親しまれています。もち米に興味がある方は、ぜひ訪れてみてください。

タイトルとURLをコピーしました