愛媛県宇和島市の無人島「野島」とは?

スポンサーリンク

愛媛県宇和島市の無人島「野島」とは?

野島とは。

愛媛県宇和島市、宇和島湾口に浮かぶ無人島、それが野島です。

野島の概要と歴史

野島の概要と歴史

野島の概要と歴史

野島は、愛媛県宇和島市の沖合約10キロメートルに位置する無人島です。面積は1.6平方キロメートルで、東西約2キロメートル、南北約1キロメートルの細長い島です。最高峰は標高187メートルの野島ヶ城山で、島の大部分を森林が占めています。

野島は、古くから宇和島藩の御用林として利用されていましたが、明治時代以降は民間人の所有となりました。1950年代には、野島で石灰石の採掘が行われていましたが、現在は採掘は終了しています。

野島は、無人島ですが、自然豊かな島として知られています。島には、ヤシの木や熱帯植物が生息しており、野生のシカやイノシシが生息しています。また、野島は、ウミガメの産卵地としても知られており、毎年多くのウミガメが産卵のために訪れます。

野島は、宇和島市の観光スポットとして人気があり、毎年多くの観光客が訪れます。野島には、キャンプ場やバーベキュー場などの施設が整備されており、海水浴や釣りなどのアクティビティを楽しむことができます。また、野島は、ウミガメの産卵地としても知られており、毎年多くのウミガメが産卵のために訪れます。

野島の自然環境と景観

野島の自然環境と景観

野島の自然環境と景観

 野島は、愛媛県宇和島市の南西約10kmに位置する無人島です。面積は約0.5平方キロメートルで、周囲は約2.5キロメートルです。野島は、宇和海国立公園に指定されており、自然環境や景観が保護されています。

 野島は、亜熱帯気候に属しており、年間平均気温は約17℃です。夏は暑く、冬は温暖です。野島は、森林に覆われており、アカマツやタブノキ、カシなどが生えています。また、野島には、野生のシカやイノシシが生息しています。

 野島の景観は、とても美しいです。野島には、白い砂浜と青い海が広がっています。また、野島には、奇岩や洞窟など、自然が作り出した景観があります。野島は、自然を満喫できる島です。

野島へのアクセスと注意点

野島へのアクセスと注意点

野島へのアクセスと注意点

野島へのアクセスは、宇和島市の津島港から船で約20分です。船は1日4往復しており、運賃は大人片道500円、子供片道250円です。野島には売店や食堂などの施設はありませんので、飲み物や食べ物は事前に準備しておきましょう。また、野島は無人島のため、ゴミは持ち帰るようにしてください。

野島は、自然が豊かな無人島です。島内には、亜熱帯性の植物が生い茂り、野生のシカやイノシシが生息しています。また、野島には海水浴場があり、夏には多くの海水浴客が訪れます。しかし、野島は無人島であるため、訪れる際には注意が必要です。

野島を訪れる際の注意点は以下の通りです。

・野島には売店や食堂などの施設はありませんので、飲み物や食べ物は事前に準備しておきましょう。
・野島は無人島のため、ゴミは持ち帰るようにしてください。
・野島には野生のシカやイノシシが生息しています。シカやイノシシに近づかないようにしましょう。
・野島には海水浴場がありますが、無人島であるため、ライフセーバーなどの監視員はいません。海水浴の際は、十分に注意しましょう。
・野島は無人島であるため、携帯電話の電波が通じない場所があります。遭難に備えて、携帯電話の充電器や予備バッテリーを持参しましょう。

タイトルとURLをコピーしました