新在家港 (香川県丸亀市) の紹介

スポンサーリンク

新在家港 (香川県丸亀市) の紹介

新在家港とは。

新在家港は、香川県丸亀市の本島にある港です。1964年9月に設立され、港湾管理者は丸亀市です。

新在家港の歴史

新在家港の歴史

新在家港の歴史

新在家港は、香川県丸亀市の新在家町にある港です。この港は、江戸時代に丸亀藩によって築かれ、塩田の塩や米、材木などの物資を運ぶために利用されていました。明治時代に入ると、新在家港は近代化され、汽船の寄港地として整備されました。しかし、その後、鉄道網の発達により新在家港の重要性は低下し、次第に衰退していきました。

昭和30年代に入ると、新在家港は再び注目を集めるようになります。それは、新在家町が臨海工業団地を造成し、多くの企業を誘致したためです。これにより、新在家港は再び活況を取り戻し、現在では、石油やセメント、鉄鋼などの物資を運ぶために利用されています。

新在家港は、丸亀市の重要な港湾施設として、これからも重要な役割を果たし続けるでしょう。

新在家港の施設

新在家港の施設

新在家港の施設

新在家港には、様々な施設が完備されています。まず、港湾事務所があり、港湾の管理運営を行っています。また、岸壁や防波堤、倉庫などの港湾施設もあります。新在家港は、主に貨物船や漁船の拠点として利用されており、荷役作業や漁船の入出港が行われています。

新在家港には、観光客向けの施設もあります。港には公園があり、散歩や釣りを楽しむことができます。また、新在家港周辺には、飲食店やホテルなどがあり、観光客の滞在をサポートしています。

新在家港は、交通の便も良い立地にあります。新在家港からは、丸亀駅まで車で約15分、高松空港まで車で約30分です。また、新在家港周辺には、バス停やタクシー乗り場があり、公共交通機関を利用してアクセスすることも可能です。

新在家港へのアクセス

新在家港へのアクセス

新在家港へのアクセス

新在家港は香川県丸亀市の金倉町にある港です。丸亀駅から車で約15分、瀬戸中央自動車道・坂出インターチェンジから車で約5分の距離にあります。新在家港の近くに路線バスは走っていないため、路線バスを利用して新在家港に行くことはできません。新在家港は瀬戸内海の静かな港町であり、穏やかな海と美しい景色が特徴です。港にはいくつかの漁船や小さなボートが停泊しており、周辺にはいくつかのレストランやカフェがあります。新在家港を訪れる際には、新鮮な魚介類や地元の料理を楽しむことができます。新在家港はまた、釣りやボート遊びの人気スポットでもあり、多くの釣り人が新在家港を訪れます。新在家港の近くにはいくつかのホテルや旅館があり、宿泊施設も充実しています。新在家港は丸亀市の観光スポットであり、多くの観光客が訪れます。

タイトルとURLをコピーしました