東京の坂巡り~御厩谷坂を歩いてみよう~

スポンサーリンク

東京の坂巡り~御厩谷坂を歩いてみよう~

御厩谷坂とは。

東京都千代田区三番町にある御厩谷坂は、将軍家の厩舎があったことに由来して名づけられた坂です。

御厩谷坂の歴史と由来 ~徳川将軍家ゆかりの地~

御厩谷坂の歴史と由来 ~徳川将軍家ゆかりの地~

御厩谷坂の歴史と由来 ~徳川将軍家ゆかりの地~

御厩谷坂は、東京都港区の赤坂御用地にあり、長さが約100メートル、勾配は約10度の坂道である。坂の名前は、将軍家の御馬などを飼育していた「御厩(うまや)」があった谷に由来しているとされている。

御厩谷坂は、江戸城の濠の一部であった増上寺前濠の埋め立てによってできた道である。増上寺前濠は、江戸城の外濠として築かれ、現在の赤坂見附付近から増上寺付近までを結んでいた。しかし、明治維新後に濠は埋め立てられ、その跡に道が作られた。

御厩谷坂は、徳川将軍家ゆかりの地である。坂の途中には、徳川将軍家の菩提寺である増上寺がある。増上寺は、徳川家康によって開山され、歴代将軍の墓所がある。また、坂の近くには、徳川将軍家の別荘である赤坂御用地がある。赤坂御用地は、明治時代に皇室に献上され、現在は国賓の宿泊施設などとして利用されている。

御厩谷坂は、歴史と文化を感じることのできる坂道である。坂を歩くと、江戸時代の面影が残る建物や、徳川将軍家ゆかりの史跡を見ることができる。

皇居外苑と桜並木 ~都心のオアシスを堪能~

皇居外苑と桜並木 ~都心のオアシスを堪能~

皇居外苑と桜並木 ~都心のオアシスを堪能~

皇居外苑は、皇居の周りを囲む公園であり、都心の真ん中に位置するオアシスである。皇居外苑には、美しい桜並木があり、春になると満開の桜が咲き誇り、花見客で賑わう。桜並木は、皇居外苑のシンボルであり、東京を代表する景観のひとつとなっている。

皇居外苑は、広大な敷地を有しており、緑豊かな公園として多くの人々に親しまれている。園内には、各種スポーツ施設や、近代美術館、国立科学博物館などの文化施設も充実している。また、皇居外苑は、皇居ランナーや、犬の散歩を楽しむ人々にも人気のスポットである。

皇居外苑は、都心の喧騒から離れ、緑豊かな景色を満喫できる場所である。また、桜並木や、各種施設を楽しむことができる。皇居外苑は、東京を訪れる人々におすすめしたいスポットである。

御厩谷坂の魅力 ~坂道からの絶景と文学の舞台~

御厩谷坂の魅力 ~坂道からの絶景と文学の舞台~

御厩谷坂の魅力 ~坂道からの絶景と文学の舞台~

御厩谷坂は、東京都文京区にある坂道です。小石川後楽園の南西に位置し、春日通りから白山通りまでを結んでいます。坂の途中には、小石川植物園と東京大学弥生キャンパスがあります。

御厩谷坂の魅力は、何と言っても坂道からの絶景です。坂の上からは、小石川後楽園と東京ドームを望むことができます。また、坂の途中には小石川植物園があり、四季折々の花を楽しむことができます。

御厩谷坂は、文学の舞台としても知られています。坂の途中には、夏目漱石の小説「三四郎」に登場する「三四郎坂」があります。また、坂の上には、芥川龍之介の小説「鼻」に登場する「鼻坂」があります。

御厩谷坂は、絶景と文学の歴史が融合した坂道です。坂を歩きながら、その景色や歴史をゆっくりと楽しんでみてはいかがでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました