「高見島」とは?魅力や特徴を紹介

スポンサーリンク

「高見島」とは?魅力や特徴を紹介

高見島とは。

香川県の多度津町に位置する高見島は、塩飽諸島に属する島です。多度津港の北西約7キロメートルに位置し、面積は約2.33平方キロメートルです。島のほとんどが山になっており、中でも南側に位置する龍王山の標高は297メートルに達します。集落は急傾斜地に広がっており、江戸時代の石垣の家並みが残り、映画のロケ地としてもよく利用されます。

高見島の歴史と文化

高見島の歴史と文化

高見島の歴史と文化

高見島には、豊かな歴史と文化があります。島の最古の記録は、7世紀の日本書紀に遡ります。この書物には、高見島が「淡路島」の一部であることが記されています。高見島は、その後、いくつかの異なる氏族によって統治されました。16世紀には、高見島は織田信長によって征服され、その後、豊臣秀吉と徳川家康によって統治されました。江戸時代には、高見島は徳島藩の一部となり、幕末まで徳島藩の支配下にありました。

明治維新後、高見島は兵庫県の一部となりました。1905年には、高見島に町制が施行され、高見町となりました。1955年、高見町は、興浜町、浅野町、安乎町と合併して、淡路町となりました。2005年、淡路町は、洲本市、三原郡緑町と合併して、洲本市になりました。

高見島には、いくつかの重要な史跡があります。そのうちの1つは、高見城跡です。高見城は、16世紀に織田信長によって築城された城です。現在、高見城跡は公園として整備されており、観光客に人気があります。

もう1つの重要な史跡は、高見神社です。高見神社は、7世紀に創建された神社です。高見神社には、重要文化財に指定されている本殿があります。高見神社は、毎年、多くの参拝客が訪れます。

高見島は、豊かな文化も持っています。島の伝統芸能である「高見島太鼓」は、国の重要無形民俗文化財に指定されています。高見島太鼓は、毎年、島の秋祭りで披露されます。

高見島は、歴史と文化に満ちた美しい島です。島の魅力は、多くの観光客を惹きつけています。

高見島の観光スポット

高見島の観光スポット

高見島の観光スポット

高見島には、美しい自然と歴史を感じさせる場所がたくさんあります。まずは、島の最高峰である「高見山」を訪れてみてください。標高260メートルの山頂からは、瀬戸内海の絶景を望むことができます。また、島にある「高見島灯台」は、明治31年に建てられたレンガ造りの灯台で、国の重要文化財に指定されています。

高見島は、瀬戸内海の島の中では珍しく、海食洞窟が数多くあります。その中でも「竜王洞窟」は、全長100メートル以上の大規模な洞窟で、その神秘的な雰囲気は多くの人を魅了しています。また、「高見島美術館」は、島の風景や文化をテーマにした作品を展示しており、島の魅力をより深く知ることができます。

高見島は、ハイキングやサイクリング、海水浴など、アクティビティも充実しています。島内には、整備された遊歩道が整備されており、島の自然を満喫しながら散策を楽しむことができます。また、レンタサイクルを利用して、島の史跡や景勝地を巡るのもおすすめです。高見島には、海水浴場がいくつかあり、夏場は多くの人で賑わいます。

タイトルとURLをコピーしました