その美しきイーハトーブの風景地

スポンサーリンク

その美しきイーハトーブの風景地

イーハトーブの風景地とは。

イーハトーブの風景地とは、岩手県に点在する複数の景勝地をまとめた国指定名勝です。同県出身の詩人・童話作家である宮沢賢治が理想の大地として名づけた「イーハトーブ」を構成する7つの場所の総称です。その7つの場所は、鞍掛山、七つ森、狼森、釜淵の滝、イギリス海岸、五輪峠、種山ヶ原となっています。

イーハトーブという名の理想の大地

イーハトーブという名の理想の大地

「イーハトーブという名の理想の大地」

イーハトーブとは、宮沢賢治の童話「銀河鉄道の夜」に出てくる架空の大地です。賢治は、イーハトーブを「きれいでやさしく、みんなが幸せに暮らせる場所」と描いています。

宮沢賢治がイーハトーブの構想をはじめて明らかにしたのは、昭和2年9月、弟清六に宛てた手紙の中で「イーハトーブ世界の農業」について書いている。この「イーハトーブ世界の農業」は賢治が初めて書いた著作としても有名で、この中で使われている「イーハトーブ」という地名は、世界・地球を意味するエスペラント語の「エルト・エトボ」に由来することが明らかになっています。

イーハトーブは、山や川や森など、豊かな自然に恵まれた大地です。賢治は、イーハトーブの美しい風景を、童話の中で細かく描写しています。例えば、以下のように書いている。

「イーハトーブはとても美しいところだ。山々には緑の木々が茂り、川は澄み切っていて、森には妖精が住んでいる。人々は平和に暮らしていて、誰もが幸せそうだ。」

賢治は、イーハトーブを理想の大地として描いています。賢治は、自然と人間が調和して生きられる世界を夢見ていました。イーハトーブは、その夢を体現した場所です。

イーハトーブは、童話の世界の架空の大地ですが、賢治の夢と希望が詰まった場所です。賢治の童話を読むと、イーハトーブの美しい風景や、そこで暮らす人々の幸せな姿が目に浮かびます。賢治の童話は、私たちに夢と希望を与えてくれます。

宮澤賢治が愛した七つの場所

宮澤賢治が愛した七つの場所

宮澤賢治が愛した七つの場所

宮澤賢治は、日本の詩人、童話作家であり、岩手県花巻市に生まれました。賢治は、故郷の岩手県を舞台にした作品を多く残しており、その作品には、岩手県の美しい風景が描かれています。賢治が愛した七つの場所を紹介します。

1. 早池峰山

早池峰山は、岩手県と秋田県の県境にある標高1,917メートルの山です。賢治は、早池峰山を「神の山」と呼び、敬愛していました。賢治は、早池峰山に登り、その山容に感嘆しています。

2. 中津川

中津川は、岩手県花巻市を流れる川です。賢治は、中津川のことを「銀河」と呼び、その川の流れに魅了されていました。賢治は、中津川のほとりで詩を詠んだり、童話を書いたりしています。

3. 遠野

遠野は、岩手県の中部に位置する町です。賢治は、遠野の民話を集め、その民話を基にして童話を書きました。賢治は、遠野の自然と文化に魅了されていました。

4. 花巻

花巻は、岩手県の中部に位置する市です。賢治は、花巻で生まれ、育ちました。賢治は、花巻の風景を愛し、その風景を作品に描いています。

5. 浄土ヶ浜

浄土ヶ浜は、岩手県宮古市にある海岸です。賢治は、浄土ヶ浜の美しさに感動し、その景観を作品に描いています。賢治は、浄土ヶ浜を「極楽浄土」と呼びました。

6. 天邪鬼山

天邪鬼山は、岩手県盛岡市にある山です。賢治は、天邪鬼山の奇岩怪石に魅了されていました。賢治は、天邪鬼山を「天狗の山」と呼びました。

7. 安比高原

安比高原は、岩手県八幡平市にある高原です。賢治は、安比高原の広大な大地に魅了されていました。賢治は、安比高原を「浄土」と呼びました。

豊かな自然に抱かれた絶景の地

豊かな自然に抱かれた絶景の地

イーハトーブの風景地は、豊かな自然に抱かれた絶景の地です。広大な平原が広がる「イーハトーブ高原」は、春には一面の緑に覆われ、夏には色とりどりの花が咲き誇ります。また、イーハトーブ高原には、神秘的な「イーハトーブ湿原」があります。湿原には、様々な種類の動植物が生息しており、その美しい景観は多くの観光客を魅了しています。

イーハトーブの風景地には、他にも様々な魅力的なスポットがあります。例えば、「イーハトーブ渓谷」は、深い峡谷に水が流れる美しい景観を楽しめます。また、「イーハトーブ湖」は、湖畔に広がる森林や山々の景色が絶景です。イーハトーブの風景地は、自然の美しさを存分に堪能できる魅力的な観光地です。

タイトルとURLをコピーしました