「度島」の魅力と歴史

スポンサーリンク

「度島」の魅力と歴史

度島とは。

長崎県平戸市の平戸諸島にある島が度島(たくしま)です。平戸島から北へ約2キロメートルに位置し、面積は約3.49平方キロメートルです。

16世紀にはイエズス会の宣教師が訪れてキリスト教を布教し、島民全員がキリスト教徒になりました。しかし、その後平戸藩主がキリスト教を禁止したことで、度島でも信者が逃亡したり改宗したりしてキリスト教は弾圧を受けました。

度島には、キリシタン遺跡が残っています。

度島とは?

度島とは?

度島とは?

度島は、伊豆半島の南端にある小さな島です。面積は約1平方キロメートル、人口は約200人です。島の中央には標高117メートルの度島山がそびえ、島の周りは断崖絶壁になっています。度島は、その美しい自然と、古くからの歴史を持つ島として知られています。

島の北側には、白砂のビーチが広がる度島海水浴場があります。海水浴場の隣には、島で唯一の宿泊施設である「度島荘」があります。度島荘は、海の見える静かな宿として、観光客に人気があります。

島の南側には、度島港があります。度島港からは、伊豆半島の土肥港や戸田港への定期船が運航しています。度島港には、島の特産品である「度島わさび」や「度島海苔」を販売するお土産屋さんもがあります。

度島は、伊豆半島の中でも、特に自然が美しい島として知られています。島の周りを一周するハイキングコースがあり、ハイキングをしながら島の景色を楽しむことができます。また、島の海域は、ダイビングやシュノーケリングのスポットとしても人気があります。

度島は、古くからの歴史を持つ島でもあります。島の北側には、縄文時代の遺跡である「度島貝塚」があります。貝塚からは、土器や石器などの遺物が出土しており、度島に人が住み始めたのは縄文時代からであることがわかっています。また、島の南側には、江戸時代に建てられた「度島灯台」があります。度島灯台は、日本の灯台50選に選ばれており、観光スポットとしても人気があります。

度島は、美しい自然と、古くからの歴史を持つ島です。伊豆半島を訪れた際には、ぜひ度島に立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

度島の歴史

度島の歴史

「度島の歴史」

度島の歴史は古く、縄文時代からの遺跡が残されています。中世には、度島は海賊の拠点として栄えました。戦国時代には、度島は毛利氏と尼子氏の戦いの舞台となりました。江戸時代には、度島は漁業と農業で栄えました。明治時代には、度島は近代化が進み、港湾が整備され、灯台が建設されました。昭和時代には、度島は観光地として発展しました。平成時代には、度島は世界遺産に登録されました。

度島の歴史は、長く豊かな歴史です。度島は、多くの文化や人々の交流が盛んな地域であり、その歴史は、日本文化の形成に大きく貢献しています。度島は、日本の歴史を理解する上で欠かせない地域であると言えます。

度島に残るキリシタン遺跡

度島に残るキリシタン遺跡

度島に残るキリシタン遺跡

度島には、かつてキリシタンが住んでいたという史跡が残っています。

その一つが、度島中央部にある「度島キリシタン墓地跡」です。この墓地には、16世紀から17世紀にかけて、度島に住んでいたキリシタンが埋葬されており、十字架が刻まれた墓石や、ポルトガル語の文字が刻まれた墓石などが残っています。

もう一つが、度島西端にある「度島キリシタン洞窟」です。この洞窟には、キリシタンが隠れ住んでいたという伝説が残っており、洞窟内には、キリスト像や、聖母マリア像などが安置されています。

度島に残るキリシタン遺跡は、度島の歴史を物語る貴重な史跡であり、観光スポットとしても人気があります。これらの遺跡を訪れることで、度島の歴史と文化について学ぶことができます。

タイトルとURLをコピーしました