国境の島「対馬島」の魅力

スポンサーリンク

国境の島「対馬島」の魅力

対馬島とは。

対馬島は、九州と福岡の中心部から北西に約125キロメートル離れた日本海の対馬海峡に浮かぶ島です。長崎県対馬市に属し、韓国まで直線距離で約49.5キロメートルに位置する国境の島です。対馬島の面積は約696.48平方キロメートルで、国内有数の大きさです。対馬島は、古くから朝鮮半島との間の中継点として重要な役割を果たしており、島内の遺跡からは九州と朝鮮半島に由来する遺物が多数出土しています。そのため、歴史・民俗学的に貴重な資料を多く有しています。また、対馬島には、国指定天然記念物のツシマヤマネコをはじめとする希少な動植物が多数生息しています。

歴史と文化が融合する、国境の島

歴史と文化が融合する、国境の島

国境の島「対馬島」の魅力

歴史と文化が融合する、国境の島

対馬島は、九州の西約130キロに位置する、南北約80キロ、東西約20キロの細長い島です。対馬海峡に面しており、韓国の釜山まではわずか50キロという、国境の島でもあります。

対馬島は、古くから大陸と日本の間の交流拠点として栄えてきました。そのため、島内には、様々な歴史と文化が融合しています。

島の北部に位置する厳原町は、対馬島の政治経済の中心地です。町の中心部には、対馬藩の藩庁跡である厳原城跡や、対馬の歴史や文化を紹介する対馬郷土館があります。また、厳原町には、対馬を代表する特産品である対馬やぎを使った料理を味わえる飲食店が軒を連ねています。

島の南部に位置する上対馬町は、自然豊かな町です。町内には、対馬海峡を一望できる十里ケ浦や、対馬の最高峰である多久頭山があります。また、上対馬町には、対馬の伝統的な民芸品である対馬焼の工房が点在しています。

対馬島は、歴史と文化が融合する魅力的な島です。国境の島ならではの独特の雰囲気を味わうことができる、おすすめの観光スポットです。

古来より朝鮮半島との中継点として栄えた島

古来より朝鮮半島との中継点として栄えた島

古来より朝鮮半島との中継点として栄えた島

対馬島は、朝鮮半島と九州の間に位置する島です。面積は696.23平方キロメートル、人口は約3万人です。対馬島は、古くから朝鮮半島との中継点として栄えた島です。朝鮮半島から日本に仏教が伝来したのも、対馬島経由でした。また、対馬島は、蒙古襲来の際に、元軍の上陸地点となりました。このため、対馬島には、蒙古襲来を伝える史跡が多く残されています。

対馬島は、自然が豊かな島でもあります。島の約8割が森林で覆われており、貴重な動植物が生息しています。対馬島の特産品には、対馬牛や対馬馬、対馬猫などがあります。対馬牛は、肉質が柔らかく、甘みのある牛肉です。対馬馬は、足が短く、毛色が白く、性格が温厚な馬です。対馬猫は、目が大きく、毛色が白黒の猫です。対馬猫は、ネズミを捕るのが得意な猫として知られています。

対馬島は、歴史と自然が豊かな島です。島には、蒙古襲来を伝える史跡や、貴重な動植物が生息しています。対馬島は、観光地としても人気が高く、毎年多くの観光客が訪れています。

タイトルとURLをコピーしました