「玉虫沼」の魅力と伝説

スポンサーリンク

「玉虫沼」の魅力と伝説

玉虫沼とは。

玉虫沼とは、〇〇県東村山郡山辺町に位置する池です。応永年間を起源とする県内最古の溜池といわれており、現在も農業用水や飲料水として利用されています。岬には樹齢300年のアカマツが植えられ、湖にまつわる「玉虫姫」の伝説が伝えられています。農林水産省の「ため池百選」に選定されているほか、周辺一帯は「山辺西部湖畔自然休養村」として整備され、自然を満喫することができます。

歴史と伝説に彩られた玉虫沼

歴史と伝説に彩られた玉虫沼

-歴史と伝説に彩られた玉虫沼-

玉虫沼は、静岡県伊東市にある景勝地です。その美しさは古くから知られており、平安時代の歌人・紀貫之も「東海道名所記」の中で、「玉虫沼は、その名のごとく、玉虫が羽ばたいているような趣のある沼である」と絶賛しています。

玉虫沼には、数々の伝説が残されています。その一つは、沼に住む玉虫姫の伝説です。玉虫姫は、とても美しい娘で、その美しさに心を奪われた若者が多くいました。しかし、玉虫姫は誰にも心を許さず、若者たちは次々と失恋してしまいました。

ある日、玉虫姫のもとに一人の旅の僧が訪れました。僧は、玉虫姫の美しさに驚き、彼女に求婚しました。玉虫姫は、僧の誠実さに心を打たれ、ついに結婚を承諾しました。

二人は幸せに暮らしましたが、ある日、僧が旅に出ることになりました。僧は、玉虫姫に「三年後に必ず戻ってくる」と約束して旅立ちました。

しかし、三年経っても僧は戻ってきませんでした。玉虫姫は、僧がもう戻ってこないのではないかと不安になり、沼に身を投げてしまいました。

玉虫姫が死んだ後、沼は玉虫色に染まったと言われています。それが、玉虫沼の名前の由来です。

玉虫沼は、美しい景色と悲しい伝説が残る場所です。ぜひ一度、訪れてみてはいかがでしょうか。

農水省「ため池百選」に選定された玉虫沼

農水省「ため池百選」に選定された玉虫沼

-農水省「ため池百選」に選定された玉虫沼-

玉虫沼は、農水省選定「ため池百選」の一つです。ため池百選とは、農村景観や防災、生活への利便性など、さまざまな面から見て優秀であると認められたため池のことです。玉虫沼は、その美しい景観や、水資源の保全、農業用水への利用などの面で選ばれました。

玉虫沼は、福島県石川郡石川町にあります。沼の周囲は緑豊かな森林に囲まれ、四季折々の美しい景色を楽しむことができます。春には桜が満開に咲き誇り、夏には緑が生い茂り、秋には紅葉が色づき、冬には雪景色が広がります。

玉虫沼は、水資源としても重要な役割を果たしています。沼の水は、農業用水や工業用水として利用されています。また、沼には多くの魚が生息しており、釣りを楽しむ人もたくさんいます。

玉虫沼は、地元の人々にとってなくてはならない存在です。沼は、生活や産業に欠かすことのできない水資源であり、また、憩いの場としても親しまれています。

自然休養村として整備された周辺一帯

自然休養村として整備された周辺一帯

玉虫沼の周辺一帯は、「玉虫沼自然休養村」として整備され、自然散策やピクニック、キャンプなどのレジャー施設が充実しています。

キャンプ場は、沼の畔にあり、約100張のテントサイトと炊事棟、トイレ、シャワーなどの設備が完備しています。また、沼の南側には、約1.5キロメートルの遊歩道が整備されており、散策を楽しむことができます。遊歩道沿いには、沼の自然や歴史に関する解説板が設置されており、沼の生態系や伝説について知ることができます。

また、「玉虫沼自然休養村」には、沼を一望できる「展望台」があり、沼の美しさを眺めることができます。展望台からは、沼の周辺の山々や、沼に浮かぶ島々、そして沼に生息する鳥たちを眺めることができます。

さらに、「玉虫沼自然休養村」には、沼の自然を学び体験できる「玉虫沼自然学習館」があり、沼の生態系や歴史に関する展示物や、沼の生き物に関する体験コーナーなどがあります。玉虫沼自然学習館では、沼の自然について学ぶことができます。

タイトルとURLをコピーしました