「セリ岬南小島」の魅力と知られざる歴史

スポンサーリンク

「セリ岬南小島」の魅力と知られざる歴史

セリ岬南小島とは。

鹿児島県鹿児島郡十島村、中之島に位置する無人島であるセリ岬南小島は、2009年に政府が推進する海洋管理方針に基づいて名前が付けられた島の一つです。

無人島の秘境に眠る、美しい自然と手つかずの生態系

無人島の秘境に眠る、美しい自然と手つかずの生態系

-無人島の秘境に眠る、美しい自然と手つかずの生態系-

セリ岬南小島は、有人島であるセリ岬本島の南約1kmに位置する無人島です。面積は約0.5平方キロメートルで、周囲は約2.5キロメートルです。島には、人の居住はなく、手つかずの自然が残されています。

島の海岸線は、岩礁と砂浜が入り混じり、変化に富んでいます。岩礁には、様々な海藻や貝類が生息しており、砂浜には、ヤドカリやカニなどの生き物が多く見られます。島の内陸部は、森林に覆われており、アカマツやタブノキなどの樹木が生い茂っています。森林の中には、野生のウサギやキツネなどの動物が生息しています。

セリ岬南小島は、美しい自然が残された無人島です。島には、手つかずの生態系が残されており、様々な動植物が生息しています。島は、無人島であるため、人の居住はなく、静かで落ち着いた雰囲気です。島の周辺海域は、海水の透明度が高く、シュノーケリングやダイビングなどのマリンスポーツを楽しむことができます。

「海洋管理のための離島の保全・管理のあり方に関する基本方針」に基づいて命名された歴史

「海洋管理のための離島の保全・管理のあり方に関する基本方針」に基づいて命名された歴史

「海洋管理のための離島の保全・管理のあり方に関する基本方針」に基づいて命名された歴史

霞ヶ浦に浮かぶ小さな島「セリ岬南小島」は、2017年に「海洋管理のための離島の保全・管理のあり方に関する基本方針」に基づいて命名されました。この基本方針は、離島の保全と管理を推進し、海洋資源の持続可能な利用と海洋環境の保全を図ることを目的としています。

セリ岬南小島は、この基本方針に基づいて命名された最初の島です。この島は、霞ヶ浦の南部に位置し、面積は約0.7ヘクタールです。島の周囲はヨシ原に囲まれており、野鳥の生息地となっています。

セリ岬南小島は、霞ヶ浦の自然環境の保全と管理にとって重要な島です。この島を保全することで、霞ヶ浦の自然環境を守ることにつながります。また、この島を管理することで、野鳥の生息地を保護し、野鳥の繁殖を促進することができます。

セリ岬南小島の命名は、霞ヶ浦の自然環境の保全と管理を推進する上で大きな一歩となりました。この島を保全し、管理することで、霞ヶ浦の自然環境を守り、野鳥の生息地を保護することができます。

中之島の離島として、その重要性と保全の必要性

中之島の離島として、その重要性と保全の必要性

中之島の離島として、その重要性と保全の必要性

「セリ岬南小島」は、中之島の沖合約10kmに位置する小さな島です。面積は約0.1平方キロメートルで、周囲を急峻な崖に囲まれています。島の最高点は海抜約60メートルで、島の頂上には平坦地が広がっています。

「セリ岬南小島」は、中之島では唯一の無人島であり、また中之島最大の島でもあります。島の周囲にはサンゴ礁が広がっており、その美しさから「中之島の宝石」とも呼ばれています。

「セリ岬南小島」は、中之島の離島の中でも特に重要度の高い島です。この島は、中之島と沖縄本島を結ぶ航路の要衝に位置しており、古くから島民の生活と密接に関わってきました。また、この島は、渡り鳥の重要な生息地であり、貴重な動植物が生息しています。

しかし、「セリ岬南小島」は、現在、開発の脅威にさらされています。この島の美しい景観に目をつけた開発業者が、島の開発を計画しているのです。この開発計画が実現すれば、この島の自然は破壊され、島の貴重な動植物は絶滅の危機にさらされることになります。

「セリ岬南小島」は、中之島の貴重な自然遺産であり、その保全は急務です。この島を開発から守るためには、島民や環境保護団体が協力して、開発業者と交渉していく必要があります。また、この島の保全を支援するために、政府や自治体も積極的に関与していく必要があります。

タイトルとURLをコピーしました