御組坂の歴史と魅力

スポンサーリンク

御組坂の歴史と魅力

御組坂とは。

御組坂とは、東京都港区六本木にある坂の名前です。江戸時代、この坂の南側に幕府の御先手組の屋敷があったことから、この名前が付けられました。

御組坂の歴史

御組坂の歴史

御組坂の歴史

御組坂は、東京都世田谷区にある坂道です。世田谷区の桜新町駅から徒歩約5分のところにあります。坂の全長は約100メートル、高低差は約10メートルです。御組坂は、江戸時代初期に整備された坂道です。当時は、世田谷城と桜新町を結ぶ道として利用されていました。御組坂は、世田谷城の御徒組が通ったことから、御組坂と呼ばれるようになりました。御組坂は、江戸時代から現在まで、世田谷区の重要な道路として利用されています。

御組坂の由来

御組坂の由来

御組坂の由来

御組坂という名前の由来は、江戸時代の御徒歩組(おかちぐみ)が常時詰めていた御組屋敷の正面に位置していたことに由来しています。御徒歩組とは、江戸城の警護や将軍の外出時の警護を担当する集団であり、百人組、三百人組、五百人組の3つに分けられていました。そのうち、御組屋敷に詰めていたのは百人組で、御歩組屋敷の正面にある坂を「御組坂」と呼ぶようになりました。

御徒歩組は、槍や弓矢を携えた武家で、武芸に優れた者たちが集められていました。彼らは江戸城の警護だけでなく、将軍の外出時の警護や、江戸市中の警備も担当していました。御組坂は、御徒歩組の屋敷に通じる坂として、江戸時代には重要な役割を果たしていました。

明治維新後、御徒歩組は廃止され、御組屋敷も取り壊されました。しかし、御組坂という名前は残り、現在でも坂の名称として親しまれています。御組坂は、江戸時代の遺構として、歴史的価値の高い坂であり、多くの観光客が訪れるスポットとなっています。

御組坂周辺の見どころ

御組坂周辺の見どころ

御組坂周辺の見どころ

御組坂周辺には、多くの見どころがあります。まず、坂の途中に位置する「御組坂の石畳」は、江戸時代から残る石畳で、歴史を感じさせる趣があります。また、坂の起点には「御組坂の碑」があり、御組坂の歴史や由来が記されています。更に、坂の終点には「御組坂の展望台」があり、箱根の山々や相模湾を一望することができます。

また、御組坂周辺には、様々な飲食店や土産物店が立ち並んでいます。箱根の特産品である「箱根うどん」や「箱根湯もち」など、ご当地グルメを楽しむことができます。また、箱根の名産品である「寄木細工」や「ガラス細工」など、お土産にぴったりの品物も見つけることができます。

他にも、御組坂周辺には「箱根神社」や「箱根関所」など、歴史的な観光スポットが数多くあります。箱根神社は、縁結びのパワースポットとして知られ、多くの人々が参拝に訪れます。箱根関所は、江戸時代に箱根の山を越える人々の通行を管理していた施設で、当時の様子を垣間見ることができます。

タイトルとURLをコピーしました