西アフリカ統一聖戦運動の歴史と概要

スポンサーリンク

西アフリカ統一聖戦運動の歴史と概要

西アフリカ統一聖戦運動とは。

西アフリカ統一聖戦運動は、マリの武装組織で、「イスラム・マグレブ諸国のアルカイダ」の関連組織から分派したとみられています。2011年に西サハラ難民キャンプで起きた外国人人道支援活動家の誘拐事件で、その存在が知られるようになりました。2012年にはマリ北部地域において支配力を強めていましたが、2013年にフランス軍が軍事介入して山岳部に撤退させました。その後、モフタル・ベルモフタル率いる「覆面旅団」と統合して新組織「アル・ムラービトゥーン」を結成しましたが、この新組織の実態は指導者を含めて不明な点が多いです。国連は2012年12月に西アフリカ統一聖戦運動を制裁対象に指定し、米国は2013年12月に「覆面旅団」の別名であるとみなしてアル・ムラービトゥーンを外国テロ組織に指定しました。

マリ北部の支配力強化

マリ北部の支配力強化

マリ北部の支配力強化

マリ北部の支配力強化は、西アフリカ統一聖戦運動の初期の目標の一つであった。この運動の指導者であるウスマーン・ダン・フォディオは、1804年にフラニ人の聖戦を宣言し、北部ナイジェリアのハウサ諸国を征服した。その後、聖戦運動はマリ北部に拡大し、1818年にトンブクトゥを占領した。

マリ北部の支配力を強化するために、ウスマーン・ダン・フォディオは、イスラム法の導入と非イスラム教徒への迫害を強化した。また、彼はフラニ人の軍隊を強化し、北部マリの主要都市を占拠した。さらに、彼は北部マリの支配を固めるために、フラニ人の入植者を奨励した。

ウスマーン・ダン・フォディオの死後、彼の息子であるベロが西アフリカ統一聖戦運動の指導者となった。ベロは父の政策を引き継ぎ、マリ北部の支配力をさらに強化した。彼はトンブクトゥにイスラム大学を設立し、イスラム法を厳格に施行した。また、彼はフラニ人の軍隊を強化し、北部マリの主要都市を占拠した。

ベロの死後は、西アフリカ統一聖戦運動は衰退し、マリ北部の支配力は弱体化した。しかし、フラニ人の支配は北部マリに残り、現在でもフラニ人は北部マリの主要な民族となっている。

フランスの軍事介入による山岳部への撤退

フランスの軍事介入による山岳部への撤退

フランスの軍事介入による山岳部への撤退

フランスは、1915年にダホメー(現ベナン)に軍事介入し、西アフリカ統一聖戦運動を鎮圧しようとした。フランス軍は、近代的な武器と軍事訓練を備えており、西アフリカ統一聖戦運動のゲリラ部隊を圧倒した。西アフリカ統一聖戦運動の指導者たちは、山岳部に撤退し、ゲリラ戦を続けた。しかし、フランス軍は、山岳部でも西アフリカ統一聖戦運動のゲリラ部隊を追い詰め、1919年に西アフリカ統一聖戦運動を鎮圧した。

フランスの軍事介入は、西アフリカ統一聖戦運動に大きな打撃を与えた。西アフリカ統一聖戦運動は、多くの指導者を失い、支持基盤も弱体化した。西アフリカ統一聖戦運動は、その後もゲリラ戦を続けたが、フランス軍の圧倒的な軍事力の前には、勝利を収めることはできなかった。

西アフリカ統一聖戦運動の鎮圧は、フランスの植民地支配を確固たるものにした。フランスは、西アフリカ統一聖戦運動を鎮圧した後、西アフリカの植民地支配を強化し、西アフリカの資源を開発した。西アフリカの植民地支配は、フランス経済の発展に貢献したが、西アフリカの人々の生活を貧困と抑圧に陥れた。

「覆面旅団」との統合による「アル・ムラービトゥーン」結成

「覆面旅団」との統合による「アル・ムラービトゥーン」結成

西アフリカ統一聖戦運動の歴史と概要

「覆面旅団」との統合による「アル・ムラービトゥーン」結成

11世紀の西アフリカでは、イスラム教とベルベル人の部族社会が融合した独自の文化が栄えていた。その中で、ヤクーブ・イブン・アブド・アル・ハックという人物が、統一聖戦運動を率いて西アフリカのイスラム国家を建国した。

ヤクーブは1077年にセネガル川流域で生まれた。若い頃からイスラム教の教えに熱心であり、聖戦を志した。1120年、ヤクーブは部族の指導者となり、ジハードを開始した。

ヤクーブの軍隊は、騎兵と歩兵の混合部隊であり、その多くがイスラム教徒の奴隷であった。ヤクーブは、この軍隊を率いて西アフリカの各地を転戦し、多くの勝利を収めた。1130年、ヤクーブはモロッコを征服し、イスラム国家を建国した。

ヤクーブの死後、統一聖戦運動は衰退したが、1147年に「覆面旅団」というグループが結成された。「覆面旅団」は、ヤクーブの教えに共感したイスラム教徒の若者たちによって組織され、西アフリカの各地で反乱を起こした。

1159年、「覆面旅団」は統一聖戦運動と統合して「アル・ムラービトゥーン」を結成した。「アル・ムラービトゥーン」は、西アフリカにおけるイスラム国家として繁栄し、13世紀まで続いた。

タイトルとURLをコピーしました