忘れ去られた島、「薮路木島」の物語

スポンサーリンク

忘れ去られた島、「薮路木島」の物語

薮路木島とは。

長崎県北松浦郡小値賀町にある薮路木島は、かつてオゴという海藻の一種が特産品として知られ、多くの住民が暮らしていました。しかし、1970年代に入り無人島となってしまいました。薮路木島は、小値賀島の南西に位置する無人島です。

オゴの特産地として栄華を誇った過去

オゴの特産地として栄華を誇った過去

薮路木島は、かつてオゴの特産地として栄華を誇っていました。オゴとは、海藻の一種で、干物にして食用にしたり肥料として使用したりするものでした。薮路木島は、オゴの好漁場として知られており、多くの漁師が暮らしていました。島には、オゴを干すための棚や、オゴを貯蔵するための倉が林立し、島の経済はオゴに依存していました。

オゴは、非常に高価な海藻で、江戸時代には1キログラムあたり100文以上で取引されていたそうです。そのため、薮路木島は裕福な島として知られており、島の漁師たちは、オゴ漁で生計をたてていました。

しかし、大正時代になると、薮路木島のオゴ漁は衰退し始めました。これは、化学肥料の普及によってオゴの需要が減少したことや、オゴ漁の漁法が乱獲を招いたことが原因でした。オゴ漁の衰退とともに、薮路木島の経済も衰退し、島の人口は減少していきました。

現在、薮路木島は過疎化が進み、島の人口は100人を切っています。しかし、島にはかつてのオゴ漁の栄華を偲ばせるような建物が残されており、島の歴史を物語っています。

無人化により、自然に帰った島

無人化により、自然に帰った島

薮路木島は、かつては人々で賑わっていた島だったが、今は無人島となっている。島民たちが島を離れた理由は、過疎化と高齢化である。過疎化は、若い人たちが島を離れて都市部に移住したことで起こり、高齢化は、島に残った人たちが高齢化して亡くなったことで起こった。

島民たちが島を離れた後、島は自然に帰った。道路は草木に覆われ、家屋は倒壊し、畑は荒れ果てた。しかし、島の自然は豊かで、動植物が数多く生息している。島の海は澄み切っており、サンゴ礁や熱帯魚が生息している。島の山は鬱蒼とした森林に覆されており、野生の動物が生息している。

島は無人島となったが、その美しさは失われていない。むしろ、自然に帰ったことで、島の美しさはより一層際立っていると言えるだろう。島は、手つかずの自然が残された貴重な場所であり、観光客にも人気が高い。

タイトルとURLをコピーしました