「ナンマドル」とは?ミクロネシアのポンペイ島にある遺跡

スポンサーリンク

「ナンマドル」とは?ミクロネシアのポンペイ島にある遺跡

ナンマドルとは。

・ナンマドルは、2000年に台風委員会によって決められた台風の国際名のひとつです。台風番号は、第121号です。ミクロネシアが命名しました。ナンマドルという名前は、ポンペイ島にある遺跡の名前です。

・2000年、台風委員会によって台風の国際名として制定されたナンマドルは、その年の第121号の台風でした。ナンマドルという名は、ミクロネシアにあるポンペイ島にある遺跡の名前からとられています。

ナンマドルの歴史と概要

ナンマドルの歴史と概要

-# ナンマドルの歴史と概要

ナンマドルは、ミクロネシア連邦のポンペイ島の東海岸に位置する遺跡です。また、古代から17世紀まで存在した都市遺跡でもあります。世界遺産にも登録されており、かつてはポンペイ島の政治、宗教、経済の中心地でした。ナンマドルは、約1,000ヘクタールの広大な面積を持ち、その中には92の島と、その島々を結ぶ100以上の運河があります。島々は、サンゴ礁から切り出された石や、貝殻、土器などで作られています。

ナンマドルは、約2,000年前から建設が始まり、17世紀まで繁栄しました。しかし、17世紀後半にヨーロッパ人がこの島を発見し、征服したことで、ナンマドルは衰退し始めました。現在、ナンマドルは無人島となっており、遺跡として保存されています。ナンマドルは、その独特の景観と歴史的価値から、多くの観光客が訪れる人気スポットとなっています。

ナンマドルの魅力と特徴

ナンマドルの魅力と特徴

ナンマドルの魅力と特徴

ナンマドルは、人工的に作られた92の小さな島からなる古代都市遺跡です。これらの島々は、サンゴ礁の石と土で築かれ、現在は無人島となっています。ナンマドルは、かつてミクロネシアの首長たちの権力の象徴であり、儀式や交易の中心地でした。

ナンマドルの魅力の一つは、その独特な建築様式です。島々は、サンゴ礁の石で作られた人工の堤防によって囲まれているため、干潮時には島と島の間を歩いて移動することができます。島の中には、王宮や神殿など、さまざまな建物跡が残っています。これらの建物は、巨大な石を積み重ねて作られており、その技術の高さがうかがえます。

ナンマドルのもう一つの魅力は、その美しい景観です。島々は、エメラルドグリーンの海に浮かぶように点在しており、それを取り囲むサンゴ礁は、さまざまな魚や海の生き物たちの生息地となっています。また、ナンマドルには、ヤシの木や熱帯植物が生い茂るジャングルがあり、野生の鳥や動物たちを見かけることができます。

ナンマドルへのアクセスと観光情報

ナンマドルへのアクセスと観光情報

-ナンマドルへのアクセスと観光情報-

ナンマドルへのアクセスは、ミクロネシア・ポナペ島の州都コロニアからボートで行くのが一般的です。コロニアからは、ナンマドルまで約30分のボートで行くことができます。ボートはコロニアの港から毎日出ており、料金は往復で約20ドルです。

ナンマドルには、ホテルやレストランはありませんが、キャンプ場は整備されています。キャンプ場には基本的な設備が整っており、宿泊費は1泊あたり約10ドルです。

ナンマドルは、世界遺産に登録されている遺跡であり、その壮大な景観は必見です。遺跡には、巨大な石の建造物が数多くあり、そのほとんどは紀元前12世紀から16世紀にかけて建設されたものです。

ナンマドルの見どころは、何といっても巨大な石の建造物です。その中でも、最も有名なのがナンマトル・ピートと呼ばれる建造物です。ナンマトル・ピートは、高さ約25メートル、周囲約400メートルもある巨大な石造りのピラミッドです。このピラミッドは紀元前12世紀頃に建設されたと考えられており、その規模と精巧さは圧巻です。

ナンマドルは、その美しい景観と歴史的価値から、多くの観光客が訪れる人気の観光スポットとなっています。遺跡内には、観光客向けに整備された遊歩道があり、ガイド付きツアーも実施されています。

タイトルとURLをコピーしました