コロンビア自警軍連合とは?

スポンサーリンク

コロンビア自警軍連合とは?

コロンビア自警軍連合とは。

コロンビア自警軍連合は、《AutodefensasUnidasdeColombia》と略され、1997年にコロンビアで結成されたテロ組織です。主に北部と北西部を拠点として活動していました。この組織は、富裕層や麻薬取引の権益を共産主義系の反政府武装組織から守ることを目的として、極右武装組織が合体して結成されました。活動資金の大半を麻薬取引によって得ていると見られています。

2003年に政府との和平交渉が開催されることになり、組織は武装解除を開始しました。武装解除のほとんどは2006年までに完了しましたが、一部のメンバーによる「コロンビア革命軍」のメンバーに対する殺人と誘拐を含む暴力行為は継続しました。コロンビア政府はこうした和平合意の違反に対応して、2008年に組織の幹部の身柄を米国に引き渡しました。さらに2015年にワシントン地裁は、組織の実質的なリーダーだったサルバトーレ・マンクソに対して禁固15年10ヶ月の実刑判決を下しました。

この組織は、2001年9月10日にアメリカのテロ組織指定リスト(FTO)に登録されましたが、2014年7月15日に解除されました。

コロンビア自警軍連合の誕生

コロンビア自警軍連合の誕生

コロンビア自警軍連合の誕生

コロンビア自警軍連合は、1997年にコロンビア北部の大都市メデジンで誕生しました。この組織は、地元の民間人や農民によって結成され、当時のコロンビア政府に蔓延していた汚職や麻薬カルテルの暴力に立ち向かうことを目的としていました。当初、自警軍連合は、麻薬カルテルのメンバーやその他の犯罪者とみなされる者を標的にして、私刑や殺人を繰り返していました。しかし、やがて組織は拡大し、麻薬取引や金鉱採掘など、さまざまな犯罪活動に手を染めるようになりました。自警軍連合は、当時のコロンビア政府の支持を得て、国家軍と協力して麻薬カルテルや左翼ゲリラ勢力の掃討作戦を実施しました。しかし、自警軍連合の人権侵害や違法行為が明らかになると、政府は組織との関係を断絶し、掃討作戦を開始しました。2003年、自警軍連合の最高指導者であるカルロス・カスタニョが殺害され、組織は事実上瓦解しました。その後、自警軍連合のメンバーは政府に投降するか、他の犯罪組織に身を投じることになりました。

コロンビア自警軍連合の活動内容

コロンビア自警軍連合の活動内容

コロンビア自警軍連合は、コロンビア政府軍と共にゲリラに対する軍事作戦を実施している民兵組織の連合である。コロンビア自警軍連合の活動は、1980年代にゲリラがコロンビア国内で勢力を拡大し始めたことに端を発する。コロンビア政府は、ゲリラに対抗するために地方の民兵組織に武器と資金を提供し、コロンビア自警軍連合が結成された。

コロンビア自警軍連合は、ゲリラに対する軍事作戦に加えて、薬物取引や誘拐などの犯罪行為にも関与している。コロンビア自警軍連合は、コロンビア国内の麻薬生産の約3分の2を支配しており、誘拐による身代金の総額は年間数百万ドルに上ると推定されている。コロンビア自警軍連合の犯罪行為は、コロンビア国内の人権侵害の一因となっており、国際社会からも非難されている。

コロンビア自警軍連合は、コロンビア政府と和平協定を結んでおり、2006年に武装解除と解散を完了した。しかし、コロンビア自警軍連合の元構成員の中には、犯罪組織として活動を続けている者もおり、コロンビア国内の治安は依然として不安定な状態が続いている。

コロンビア自警軍連合の終焉

コロンビア自警軍連合の終焉

コロンビア自警軍連合の終焉

コロンビア自警軍連合は、1990年代初頭にコロンビアで結成された自警団の連合体である。コロンビア政府が麻薬密売組織や左翼ゲリラに対抗するために結成したもので、当初は民間人が自衛のために結成したグループであったが、やがて麻薬密売や暴力行為を行う犯罪組織に変化した。

コロンビア自警軍連合は、麻薬密売で得た資金を元に私兵を組織し、コロンビア政府の軍や警察よりも強力な組織となった。また、コロンビア政府の庇護の下で活動しており、政府の弾圧を受けることなく麻薬密売や暴力行為を行うことができた。

しかし、コロンビア自警軍連合の暴力行為は、コロンビア国内で大きな問題となり、国際社会からも批判されるようになった。2000年代に入ると、コロンビア政府はコロンビア自警軍連合の解体を決定し、軍や警察による掃討作戦を開始した。

2002年、コロンビア自警軍連合の最高指導者であるサルバドール・マンタリヤ・サラサール氏が逮捕され、コロンビア自警軍連合は事実上解体された。その後、コロンビア政府はコロンビア自警軍連合の元構成員を恩赦し、社会復帰を支援した。

コロンビア自警軍連合の解体は、コロンビア国内の治安改善に大きく貢献したが、コロンビア自警軍連合の元構成員の中には、再び犯罪組織を結成したり、麻薬密売や暴力行為を続ける者もいる。コロンビア政府は、コロンビア自警軍連合の再結成を防ぐために、引き続き治安対策に取り組んでいる。

タイトルとURLをコピーしました