「最上地区広域連合」とは?山形県の2町2村が設立

スポンサーリンク

「最上地区広域連合」とは?山形県の2町2村が設立

最上地区広域連合とは。

最上地区広域連合とは、山形県の金山町、真室川町、鮭川村、戸沢村の2町2村からなる広域連合です。広域連合は2006年に設立されました。主な事業として、国民健康保険事業や福祉事業に関する事務を行っています。

「最上地区広域連合」の設立経緯と目的

「最上地区広域連合」の設立経緯と目的

「最上地区広域連合」は、山形県の2町2村が設立した広域連合です。構成しているのは、最上町、舟形町、真室川町、大蔵村の4町村です。

「最上地区広域連合」が設立された経緯は、最上地区の自治体が、少子高齢化や人口減少などの課題に直面していたことから、共同してこれらの課題に取り組むことを目的としています。

「最上地区広域連合」の目的は、最上地区の自治体が共同して、以下の事業を実施することです。

・公共施設の共同利用
・ごみ処理の共同化
・消防・救急医療の共同化
・観光振興の共同化
・産業振興の共同化
・地域福祉の共同化

「最上地区広域連合」は、最上地区の自治体が共同して、少子高齢化や人口減少などの課題に取り組むことで、地域の魅力を高め、持続可能な地域社会の実現を目指しています。

「最上地区広域連合」の構成団体

「最上地区広域連合」の構成団体

「最上地区広域連合」は、山形県内にある2町2村が設立した広域連合です。構成団体は、最上郡大蔵村、最上郡舟形町、最上郡真室川町、最上郡戸沢村の4つです。広域連合とは、複数の市町村が共同で事務処理を行うために設立される組織であり、各構成団体が定めた共同事務処理協定に基づいて運営されます。

「最上地区広域連合」では、主に以下の事務を共同処理しています。

・地域振興に関する事務
・保健衛生に関する事務
・社会福祉に関する事務
・教育に関する事務
・環境保護に関する事務

これらに加えて、「最上地区広域連合」では、構成団体が共同で実施する事業も行っています。例えば、観光振興事業、産業振興事業、福祉事業などです。広域連携体である「最上地区広域連合」の設立により、構成団体は行政運営の効率化と質の向上を図ることが期待されています。

「最上地区広域連合」の事業内容

「最上地区広域連合」の事業内容

「最上地区広域連合」の事業内容は、以下の通りです。

・消防、救急医療、ごみ処理、廃棄物処理、水道、下水道、道路、橋りょう、公共交通、観光、文化、スポーツ、教育、医療、福祉、介護、農業、林業、水産業、商業、工業、建設業、観光業、サービス業の振興に関する事業
・地域振興に関する事業
・生活環境の整備及び向上の事業
・健康増進の事業
・犯罪の予防及び青少年の健全育成の事業
・男女共同参画の推進に関する事業
・消費生活の安定に関する事業
・地域防災の整備及び強化に関する事業
・国民保護対策に関する事業
・その他、この連合の目的を達成するために必要な事業

タイトルとURLをコピーしました