「やすら浜港」とは?由来から役割まで解説!

スポンサーリンク

「やすら浜港」とは?由来から役割まで解説!

やすら浜港とは。

鹿児島県の十島村にある港がやすら浜港です。悪石島、トカラ列島に位置しており、1956年9月に設立されました。港の管理者は十島村です。

やすら浜港とは?

やすら浜港とは?

やすら浜港とは、鹿児島県鹿屋市にある港湾です。港湾法上の重要港湾に指定されており、国内外から多くの船舶が寄港しています。

やすら浜港は、古くから交通の要衝として栄えてきた港です。江戸時代には薩摩藩の藩船が寄港し、明治時代には軍港として利用されました。その後、第二次世界大戦後に重要港湾に指定され、現在では国内外からの貨物や旅客船の寄港地として賑わっています。

やすら浜港の主な施設としては、コンテナターミナル、一般貨物ターミナル、旅客ターミナルなどがあります。コンテナターミナルは、国内外からのコンテナ貨物の取扱量が年間約100万TEUにのぼり、九州南部屈指のコンテナ港として知られています。一般貨物ターミナルでは、鉄鋼や木材、セメントなどの貨物の取扱いが行われています。旅客ターミナルでは、鹿児島と沖縄を結ぶフェリーや、鹿児島と甑島を結ぶフェリーが運航されています。

やすら浜港の歴史

やすら浜港の歴史

やすら浜港の歴史

やすら浜港の歴史は古く、平安時代にはすでに存在していたと考えられています。鎌倉時代には、日宋貿易の拠点として栄え、室町時代には、足利将軍家の御用港として利用されました。江戸時代には、徳川幕府の直轄地となり、参勤交代の際の寄港地として利用されました。明治時代には、近代的な港湾として整備され、海外との貿易や移民の拠点となりました。大正時代には、第一次世界大戦の勃発に伴い、軍港としての役割を担いました。昭和時代に入ると、第二次世界大戦の戦火により大きな被害を受けましたが、戦後復興後は、再び海外との貿易や移民の拠点として栄えました。平成時代には、阪神・淡路大震災や東日本大震災の際に、救援物資の輸送拠点として利用されました。令和時代に入ってからも、引き続き、重要な港湾として機能しています。

やすら浜港の役割

やすら浜港の役割

やすら浜港の役割

やすら浜港は、千葉県夷隅郡御宿町にある漁港です。1964年に完成し、主にカツオやマグロなどの回遊魚の水揚げが行われています。また、カツオやマグロの冷凍保管施設や、水産加工工場なども備えています。やすら浜港は、千葉県の漁業生産高の約10%を占める重要な漁港であり、地元の漁業を支える重要な役割を果たしています。

さらに、やすら浜港は、レジャー施設としても人気です。港には、釣り船や遊覧船が発着しており、釣りや観光を楽しむことができます。また、港周辺には、海水浴場やキャンプ場などのレジャー施設も充実しています。やすら浜港は、千葉県を代表する漁港であり、地元の漁業を支えるだけでなく、レジャー施設としても人気を集めています。

タイトルとURLをコピーしました