あゝ野麦峠:感動的な日本映画

スポンサーリンク

あゝ野麦峠:感動的な日本映画

あゝ野麦峠とは。

あゝ野麦峠は、1979年に公開された日本映画です。監督は山本薩夫、脚本は服部佳、原作は山本茂実、撮影は小林節雄、音楽は佐藤勝、美術は間野重雄です。出演者は、大竹しのぶ、原田美枝子、友里千賀子、古手川祐子、浅野亜子などです。この映画は、第34回毎日映画コンクールで日本映画大賞、撮影賞、音楽賞、美術賞を受賞しました。

感動の物語と豪華なキャスト

感動の物語と豪華なキャスト

「あゝ野麦峠」は、三浦哲郎の同名小説を原作とした日本映画で、1979年8月4日に公開されました。監督は山田洋次、脚本は山田洋次と朝間義隆、主演は倍賞千恵子です。

この映画は、1930年代の信州を舞台に、貧しい家庭に生まれた少女・あかねが、家計を助けるために野麦峠を越えて働きに出るという感動的な物語を描いています。

この映画は、公開当時から大ヒットし、観客動員数は約220万人にも及びました。また、この映画は、第33回カンヌ国際映画祭でパルム・ドールを受賞するなど、国内外で高い評価を受けました。

この映画の魅力の一つは、主人公・あかねを演じた倍賞千恵子の演技です。倍賞千恵子は、あかねの強さと優しさを兼ね備えたキャラクターを熱演し、観客の心を打っています。

また、この映画の魅力の一つは、豪華なキャストです。この映画には、倍賞千恵子以外にも、高倉健、田中裕子、原田芳雄、三國連太郎など、そうそうたる俳優が出演しています。

この映画は、感動的な物語と豪華なキャストで、観客を魅了する傑作です。

美しい映像と音楽

美しい映像と音楽

美しい映像と音楽

「あゝ野麦峠」は、美しい映像と音楽でも知られています。映画の舞台である野麦峠は、長野県と岐阜県の県境にある峠で、標高は1,662メートルです。映画では、この野麦峠の四季折々の美しい景色が映し出されています。春の雪化粧、夏の緑、秋の紅葉、冬の雪景色など、どの季節も息を呑むような美しさです。

また、映画の音楽も素晴らしいです。音楽を担当したのは、作曲家の服部良一です。服部良一は、日本の映画音楽界を代表する作曲家で、「ゴジラ」や「七人の侍」などの音楽も手がけています。映画「あゝ野麦峠」の音楽は、哀愁を帯びたメロディーが特徴で、映画の感動的なストーリーにぴったり合っています。

「あゝ野麦峠」は、美しい映像と音楽で、観客に感動を与えてくれる映画です。映画を見た後は、野麦峠の美しい景色と音楽がいつまでも心に残るでしょう。

歴史の勉強にもなる映画

歴史の勉強にもなる映画

「歴史の勉強にもなる映画」

「あゝ野麦峠」は、1957年に公開された日本映画です。この映画は、1868年に起こった戊辰戦争のさなかに、越後国(現在の新潟県)から会津藩(現在の福島県)まで、雪深い野麦峠を越えて千人の子どもたちを避難させた「野麦峠事件」を題材としています。

この映画は、子どもたちを率いて野麦峠を越えた教師・神保修理の視点から描かれています。神保は、会津藩の藩士でありながら、戊辰戦争には反対しており、子どもたちを戦火から守るために避難させることを決意します。しかし、野麦峠を越える道のりは、険しく危険なものでした。雪深い山道で、子どもたちは飢えや寒さと戦いながら、必死に峠を目指します。

この映画は、子どもたちの勇気と忍耐、そして神保の深い愛情を描いた感動作です。また、戊辰戦争の悲惨さを伝える歴史の勉強にもなる映画でもあります。

「あゝ野麦峠」は、公開当時から大きな反響を呼び、多くの賞を受賞しました。また、この映画は、野麦峠事件を広く知らしめるきっかけとなり、野麦峠には慰霊碑が建立されました。

「あゝ野麦峠」は、今もなお多くの人々に愛され続けている名作です。この映画は、日本映画の歴史を語る上で欠かせない作品であり、日本人の心の原風景を映し出した映画でもあります。

タイトルとURLをコピーしました