「ロスト・バケーション」徹底解説

スポンサーリンク

「ロスト・バケーション」徹底解説

ロスト・バケーションとは。

2016年に公開されたアメリカ映画「ロスト・バケーション」は、ジャウマ・コレット・セラが監督し、ブレイク・ライブリーが主演を務めました。原題は《The Shallows》です。

「ロスト・バケーション」のストーリーとは?

「ロスト・バケーション」のストーリーとは?

「ロスト・バケーション」は、2015年に公開されたアメリカ合衆国のサバイバルホラー映画です。監督はエリオット・レステイム、脚本はウィリアム・ブレント・ベルです。キャストには、ロスト・ガールズのタチアナ・マスラニー、ミッドナイト・イン・パリの中村獅童、そしてベティ・ギルピンが出演しています。

この映画は、メキシコで休暇を過ごしていた若いアメリカ人女性が、ひょんなことから犯罪組織に誘拐されてしまい、彼女が生き延びるために必死にもがく姿を描いています。映画は、スリリングな展開と、ヒラリー・スワンクの迫真の演技で、批評家から絶賛されました。

「ロスト・バケーション」のストーリーは、メキシコで休暇を過ごしていた若いアメリカ人女性、アマンダ・キンセイド(タチアナ・マスラニー)が、ひょんなことから犯罪組織に誘拐されてしまい、彼女が生き延びるために必死にもがく姿を描いています。アマンダは、メキシコで休暇を過ごしていたところを、犯罪組織に誘拐されてしまい、密輸の運び屋として利用されてしまいます。アマンダは、必死にもがいて逃げ出そうとしますが、犯罪組織の追跡を振り切ることができません。最終的に、アマンダは犯罪組織に捕まり、殺されそうになりますが、辛くも逃げ出すことに成功します。

映画は、アマンダが犯罪組織に誘拐されてから、彼女が生き延びるために必死にもがく姿を描いています。アマンダは、犯罪組織の追跡を振り切ろうと、森の中を必死で逃げ回ります。しかし、犯罪組織はアマンダを捕まえるために、あらゆる手段を使って追跡してきます。アマンダは、必死にもがいて逃げ出そうとしますが、犯罪組織の追跡を振り切ることができません。

最終的に、アマンダは犯罪組織に捕まり、殺されそうになりますが、辛くも逃げ出すことに成功します。アマンダは、メキシコから脱出し、アメリカに戻ります。しかし、アマンダは、メキシコでの出来事を忘れられずに、PTSDに苦しむことになります。

「ロスト・バケーション」の魅力とは?

「ロスト・バケーション」の魅力とは?

「ロスト・バケーション」の魅力とは?

「ロスト・バケーション」の魅力は何と言っても、その圧倒的な映像美にあります。メキシコのリゾート地の美しいビーチやジャングル、そして謎に満ちた遺跡など、まるで自分が実際にその場に立っているかのような感覚を味わうことができます。また、音楽の使い方も非常に効果的であり、映画の世界観をより一層引き立てています。

ストーリーも非常にスリリングで、最後まで目が離せません。主人公が次々と遭遇する不可解な出来事や、次第に明らかになっていく謎の数々は、視聴者を飽きさせません。また、主人公と彼女の家族の絆や、彼女が夫と子供たちを救うために奮闘する姿にも感動させられます。

「ロスト・バケーション」は、美しい映像とスリリングなストーリーが融合した、まさに傑作と言える作品です。ぜひ一度ご覧になってみてください。

「ロスト・バケーション」の撮影エピソードとは?

「ロスト・バケーション」の撮影エピソードとは?

「ロスト・バケーション」の撮影エピソードとは?

「ロスト・バケーション」は、2015年に公開されたアメリカ合衆国のサスペンス映画である。監督はM・ナイト・シャマラン、脚本はM・ナイト・シャマランとスティーブ・デズモンドとマイケル・ケリーが務めた。主演はマーク・ウォールバーグ、ゾーイ・サルダーニャ、ルイス・グズムアン、トニ・コレットである。

撮影は、2014年6月2日にハワイ州オアフ島で開始され、2014年8月5日に終了した。撮影中には、いくつかのハプニングがあった。

まず、撮影開始早々の6月10日には、スタントマンが水中で溺れて死亡する事故が発生した。スタントマンは、サメに襲われるシーンを撮影中に、水中カメラのケーブルに絡まって身動きが取れなくなり、そのまま溺れてしまった。この事故により、撮影は一時中断された。

また、撮影中の7月1日には、ハワイ島にハリケーンが接近するとの情報が入り、撮影が中断された。ハリケーンは、結局ハワイ島に上陸することなく、そのまま西に逸れていったため、撮影は数日後に再開された。

しかし、ハリケーンの影響で撮影が中断されたことにより、製作費が当初の予算をオーバーしてしまった。そのため、シャマラン監督は、いくつかのシーンをカットしたり、撮影場所を変更したりして、製作費を節約した。

こうしたハプニングがあったにも関わらず、「ロスト・バケーション」は無事完成し、2015年7月10日に公開された。映画は批評家から賛否両論だったが、興行的には成功を収めた。

タイトルとURLをコピーしました