あの、夏の日 -とんでろ じいちゃん-:感想・見どころ

スポンサーリンク

あの、夏の日 -とんでろ じいちゃん-:感想・見どころ

あの、夏の日 -とんでろ じいちゃん-とは。

1999年、日本映画『あの、夏の日 -とんでろ じいちゃん-』が公開されました。監督・脚本は大林宣彦、原作は山中恒、脚本は石森史郎です。小林桂樹、厚木拓郎、勝野雅奈恵、佐野奈波、宮崎あおい、久光邦彦らが出演しました。この作品は、第54回毎日映画コンクールで、小林桂樹が男優主演賞を受賞しました。

小林桂樹氏の演技が最高!

小林桂樹氏の演技が最高!

小林桂樹氏の演技が最高!

この映画の大きな見どころのひとつは、小林桂樹氏の演技だ。小林氏は、主人公の祖父・徳造を演じているが、その演技はまさに圧巻の一言。徳造という人物の温かさや優しさ、そして頑固さや厳しさが見事に表現されている。

特に、徳造が孫の優介とけんかをするシーンは、小林氏の演技力が光る場面だ。徳造は、優介が大学を中退して家業を継ぐことを希望しているが、優介はそれを拒否する。徳造は、優介の将来を心配して怒りをぶつけるが、その怒りの裏には、優介への深い愛情が隠されている。小林氏は、このシーンで、徳造の怒りや愛情を繊細に表現しており、見る者の胸を打つ。

また、徳造が優介とほたるを見守るシーンも、小林氏の演技力が光る場面だ。徳造は、優介とほたるが恋に落ちるのを見守り、二人の幸せを願っている。小林氏は、このシーンで、徳造の優しさと温かさを繊細に表現しており、見る者の心を温める。

小林桂樹氏の演技は、この映画の大きな見どころのひとつであり、小林氏の演技力に魅了されること間違いなしだ。

じいちゃんと孫の絆に涙

じいちゃんと孫の絆に涙

じいちゃんと孫の絆に涙

「とんでろ じいちゃん」は、じいちゃんと孫の絆を描いたハートウォーミングな物語だ。孫のケンは、じいちゃんのことが大好き。夏休みを利用して、じいちゃんの家に遊びに行くことを楽しみにしている。しかし、じいちゃんはケンを冷たく突き放してしまう。ケンは、じいちゃんが自分を嫌っていると思って傷つくが、じいちゃんにはケンの知らない事情があった。

じいちゃんは、かつて息子を事故で亡くしている。その息子がケンの父親だ。息子を亡くして以来、じいちゃんは心を閉ざし、孫のケンとも距離を置いていた。しかし、ケンが夏休みを利用して遊びに来たことで、じいちゃんの心は少しずつ溶けていく。

ケンとじいちゃんは、一緒に釣りに行ったり、山登りに行ったり、キャンプに行ったりする。そんな中で、ケンはじいちゃんの優しさに触れ、じいちゃんもケンの純粋さに触れて心を癒していく。そして、ついにじいちゃんはケンに、息子を亡くしたことを打ち明ける。ケンは、じいちゃんの悲しみを理解し、じいちゃんを慰める。

ケンとじいちゃんの絆は、夏休みを過ごす中で深まっていく。そして、ケンは夏休みが終わる頃には、じいちゃんのことが大好きになっている。じいちゃんもまた、ケンのことが大好きになっている。ケンとじいちゃんの絆は、これからもずっと続いていくことだろう。

大林宣彦監督の映像美にも注目

大林宣彦監督の映像美にも注目

「大林宣彦監督の映像美にも注目」

映画「あの、夏の日 -とんでろ じいちゃん-」で忘れてはならないのが、故大林宣彦監督の唯一無二の映像美だ。大林監督は、過去にも数多くの名作を生み出しており、その映像美は高く評価されている。本作でも、大林監督の映像美は遺憾なく発揮されており、観客を魅了する。

特に印象的なのは、瀬戸内の美しい風景を活かした映像だ。瀬戸内の温暖な気候と澄んだ空気は、大林監督の繊細なカメラワークによって余すことなく捉えられ、スクリーンに映し出される。その映像は、まるで絵画のように美しく、観客の心を癒してくれる。

また、大林監督は本作の中で、さまざまな演出効果を駆使している。例えば、回想シーンでは、画面に古いフィルムのノイズを加えることで、ノスタルジックな雰囲気を演出している。また、主人公の心の動きに合わせて、画面の色調を変えることで、主人公の感情を表現している。

大林監督の映像美は、本作をより一層魅力的な作品にしている。大林監督の映像美に注目することで、本作をより深く楽しむことができるだろう。

タイトルとURLをコピーしました