オーシャンズ8の魅力

スポンサーリンク

オーシャンズ8の魅力

オーシャンズ8とは。

2018年に公開されたアメリカ映画『オーシャンズ8』は、ゲイリー・ロス監督、サンドラ・ブロック、ケイト・ブランシェット、アン・ハサウェイなどが出演する作品です。

女性版オーシャンズの魅力

女性版オーシャンズの魅力

映画『オーシャンズ8』は、2001年に公開された映画『オーシャンズ11』の女性版です。監督はゲイリー・ロス、脚本・製作はスティーブン・ソダーバーグ。主演はサンドラ・ブロック、ケイト・ブランシェット、アン・ハサウェイなど。『オーシャンズ8』は、ニューヨークのメトロポリタン美術館で開かれるガラパーティーを舞台に、サンドラ・ブロック演じるデビー・オーシャンが率いる女性泥棒グループが、宝石強盗を計画する物語です。

『オーシャンズ8』は、女性版オーシャンズということで、男性が活躍する『オーシャンズ11』とは一味違った魅力があります。女性ならではの発想や工夫が盛り込まれており、スタイリッシュで華やかな泥棒映画として楽しめる作品です。また、『オーシャンズ8』にはサンドラ・ブロック、ケイト・ブランシェット、アン・ハサウェイなど、ハリウッドを代表する女優が出演しています。それぞれが個性的で魅力的なキャラクターを演じており、彼女たちの共演も見どころのひとつです。

『オーシャンズ8』は、女性版オーシャンズという新しい切り口で、スタイリッシュで華やかな泥棒映画として楽しめる作品です。男性が活躍する『オーシャンズ11』とは一味違った魅力があり、女性ならではの発想や工夫が盛り込まれています。また、サンドラ・ブロック、ケイト・ブランシェット、アン・ハサウェイなど、ハリウッドを代表する女優が出演しており、彼女たちの共演も見どころのひとつです。

豪華キャストの競演

豪華キャストの競演

-豪華キャストの競演-

オーシャンズ8の魅力のもう一つは、豪華キャストの競演です。サンドラ・ブロック、ケイト・ブランシェット、アン・ハサウェイ、サラ・ポールソン、リアーナ、オークワフィナ、ヘレナ・ボナム・カーターなど、錚々たる女優陣が集結しています。

彼女たちはそれぞれ個性的なキャラクターを演じており、その掛け合いも見どころです。サンドラ・ブロック演じるデビー・オーシャンは、オーシャンズシリーズのレジェンドであるダニー・オーシャンの妹で、今回の計画のリーダーです。ケイト・ブランシェット演じるルー・ミラーは、デビーの旧友であり、宝石強盗の専門家です。アン・ハサウェイ演じるダフネ・クルーガーは、ファッションデザイナーであり、デビーの計画に協力することになります。

サラ・ポールソン演じるタミーは、デビーの右腕的存在で、何でもこなすことができる有能な女性です。リアーナ演じるナイン・ボールは、ハッカーであり、デビーの計画に欠かせない存在です。オークワフィナ演じるコンスタンスは、スリの名手で、デビーの計画に貢献します。

そして、ヘレナ・ボナム・カーター演じるローズ・ワイルは、デビーの旧友であり、今回の計画に協力することになります。彼女たちはそれぞれが個性的なキャラクターを演じており、その掛け合いも見どころです。

予測不能なストーリー展開

予測不能なストーリー展開

オーシャンズ8の魅力の一つは、予測不能なストーリー展開です。前作であるオーシャンズ11では、ダニー・オーシャンと彼の仲間たちがラスベガスのカジノを強盗する計画を実行しました。しかし、オーシャンズ8では、ダニーの妹デビー・オーシャンが率いる女性だけのチームが、ニューヨークのメトロポリタン美術館を強盗する計画を実行します。

オーシャンズ8のストーリーは、非常に複雑で、最後まで何が起こるのかわかりません。デビーと彼女の仲間たちは、メトロポリタン美術館から宝飾品を盗み出すために、様々な計画を立てますが、その計画は常に何らかの障害に直面します。また、デビーと彼女の仲間たちは、ニューヨーク市警の捜査官にも追われることになります。

オーシャンズ8のストーリーは、非常にスリリングで、最後まで目が離せません。デビーと彼女の仲間たちが、メトロポリタン美術館から宝飾品を盗み出すことができるのか、そして、ニューヨーク市警の捜査官に捕まることなく逃げることができるのか、最後までわかりません。オーシャンズ8は、予測不能なストーリー展開が魅力のサスペンス映画です。

タイトルとURLをコピーしました