「007は殺しの番号」の歴史

スポンサーリンク

「007は殺しの番号」の歴史

007は殺しの番号とは。

「007は殺しの番号」とは、1962年に日本で公開された映画「007/ドクター・ノオ」の当時のタイトルである。

日本初公開時のタイトル

日本初公開時のタイトル

007は殺しの番号の日本初公開時のタイトルは、「007 死ぬのは奴らだ」でした。これは、007シリーズ第1作「007 ドクター・ノオ」の日本公開時のタイトルである「007は殺しの番号」と同一のタイトルであり、そのため、日本国内では「007 死ぬのは奴らだ」というタイトルが定着しました。

このタイトルは、映画の内容に由来しています。映画の中で、ジェームズ・ボンドは、世界を征服しようとしている犯罪組織「スペクター」の陰謀を阻止するために、スペクターの首領であるブロフェルドを追跡します。ブロフェルドは、ボンドを殺すために、さまざまな殺し屋を送り込みますが、ボンドはそれらをすべて退治し、最終的にはブロフェルドを倒します。

「007 死ぬのは奴らだ」というタイトルは、ブロフェルドがボンドを殺そうとするという映画のテーマを反映しており、また、ボンドがブロフェルドに勝利するという結末を暗示しています。また、「死ぬのは奴らだ」というタイトルは、007シリーズの他の作品にも共通するテーマである「善と悪の戦い」を表現しています。

007は殺しの番号の日本初公開時のタイトルは、「007 死ぬのは奴らだ」でしたが、このタイトルは、映画の内容を反映しており、また、007シリーズの他の作品にも共通するテーマである「善と悪の戦い」を表現しています。

変更の理由

変更の理由

映画「007は殺しの番号」の変更の理由

「007は殺しの番号」は、1981年に公開されたイギリスのスパイ映画です。この映画は、イアン・フレミングの小説「007は殺しの番号」を原作としており、ロジャー・ムーアがジェームズ・ボンドを演じています。しかし、この映画は当初「For Your Eyes Only」というタイトルで公開される予定でした。

タイトルが変更された理由は、映画の内容に暴力的なシーンが多いため、より穏やかなタイトルが必要とされたからです。「For Your Eyes Only」は、フレミングの短編小説のタイトルであり、映画の内容にもマッチしていることから、このタイトルが選ばれました。

また、この映画のタイトルは、他の「007」映画のタイトルと差別化する必要があるという理由もありました。1980年に公開された「007 ムーンレイカー」は、シリアスな内容の映画でしたが、「007は殺しの番号」はよりユーモアのある映画であり、タイトルもそのことを反映したものにする必要がありました。

このように、「007は殺しの番号」のタイトルは、映画の内容や他の「007」映画との差別化を図るために変更されたのです。

現在のタイトル

現在のタイトル

現在のタイトル

「007は殺しの番号」の現在のタイトルは、「007 黄金銃を持つ男」である。1974年に公開されたこの映画は、ショーン・コネリーがジェームズ・ボンドを演じる最後の作品となった。

「黄金銃を持つ男」というタイトルは、映画の悪役であるスカラマンガが所有する黄金の銃に由来している。この銃は、一発で人を殺すことができる強力な武器である。

映画のタイトルは当初、「007 殺しの番号」になる予定だったが、プロデューサーのアルバート・R・ブロッコリがタイトルがあまりにも露骨で暴力的なため、変更されるべきだと判断した。

ブロッコリは、映画のタイトルを「007 黄金銃を持つ男」に変更することを提案した。このタイトルは、より意味深長で、映画のミステリアスな雰囲気を強調している。

「007 黄金銃を持つ男」というタイトルは、公開当時から現在に至るまで、多くのファンに愛されている。このタイトルは、映画の忘れられない瞬間を象徴するものであり、ジェームズ・ボンド映画の歴史の中で重要な位置を占めている。

タイトルとURLをコピーしました