118番の日とは? その目的と取り組み

スポンサーリンク

118番の日とは? その目的と取り組み

118番の日とは。

1月18日は「118番の日」です。2008年に海上保安庁が制定した啓発日で、海の事件や事故に関する緊急通報用電話番号「118」番の認知度を高め、海の安全を守ることが目的です。

118番の目的と歴史

118番の目的と歴史

-118番の目的と歴史-

118番は、昭和44年に発足した救急相談センターです。救急を必要とする人が、その必要性を最短時間で確認できるよう、24時間365日、電話による相談を受け付けています。救急相談センターは、全国に約1,000カ所設置されており、そのうち約900カ所が消防署に併設されています。

118番の目的は、救急車を必要とする人を救急医療機関に迅速に搬送することです。また、救急相談センターでは、救急車を必要としない人に対しては、適切な医療機関を紹介したり、応急処置のアドバイスをしたりしています。

118番は、昭和44年に発足した当初は、東京と大阪の2都市で試験的に運用されていました。昭和46年に全国に拡大され、昭和48年には消防法の一部改正により、消防署に救急相談センターを設置することが義務付けられました。

118番は、救急医療の充実を図るために重要な役割を果たしており、毎年約1,000万件の相談が寄せられています。

118番利用の際の注意点

118番利用の際の注意点

118番利用の際の注意点

118番は災害救助や緊急医療のために利用するサービスのため、いたずらや誤報は厳禁です。また、118番は通報のみ対応しており、相談や質問には応じられないため、ご注意ください。

118番を利用する際は、以下の点に注意してください。

* 118番は災害救助や緊急医療のために利用するサービスです。いたずらや誤報は厳禁です。
* 118番は通報のみ対応しており、相談や質問には応じられません。
* 118番を利用する際は、落ち着いて消防署または警察署に連絡してください。
* 消防署または警察署に連絡する際は、以下の情報を伝えてください。
* 通報者の氏名
* 通報者の電話番号
* 発生場所
* 発生日時
* 災害や事故の内容
* 被害状況
* 救助に必要な情報(救助者の有無、救助方法など)
* 消防署または警察署に連絡した後は、指示に従ってください。

上記の点に注意して、118番を正しく利用してください。

海の安全を守るための取り組み

海の安全を守るための取り組み

118番の日とは、その目的と取り組み

海の安全を守るための取り組み

海の安全を守るため、118番の日には様々な取り組みが行われます。その一つが「海の安全教室」です。この教室では、海の安全に関する知識や、海の事故を防ぐための方法を学ぶことができます。また、海難救助訓練も行われます。この訓練では、海難事故が発生した場合に、いかに迅速かつ適切に救助を行うかを学ぶことができます。さらに、海の安全パトロールも実施されます。このパトロールでは、海の安全を脅かすような行為がないか、監視が行われます。

これらの取り組みを通して、海の安全を守る意識を高め、海の事故を防ぐことが期待されています。また、海難事故が発生した場合でも、迅速かつ適切な救助を行うことで、人命を救うことができるようになります。

タイトルとURLをコピーしました