全国大学国語国文学会について

スポンサーリンク

全国大学国語国文学会について

全国大学国語国文学会とは。

全国大学国語国文学会とは、日本の学術研究団体で、英語で「TheAssociationfortheStudyofJapaneseLanguageandLiterature」と呼ばれています。この会の目的は、大学の国語国文学の研究を促進することです。

全国大学国語国文学会の概要

全国大学国語国文学会の概要

全国大学国語国文学会は、国語国文学に関する研究発表や交流を目的として設立された学会である。1949年(昭和24年)に設立され、現在では全国の大学や短大に所属する国語国文学専攻の研究者や学生等約2,000名が会員として参加している。

全国大学国語国文学会は、毎年1回全国大会を開催している。大会では、国語国文学に関する研究発表や講演が行われ、会員同士の交流を深める場となっている。また、全国大学国語国文学会は、学会誌「国語国文学」を発行しており、会員の研究成果を広く発信している。

全国大学国語国文学会は、国語国文学の研究と教育の発展に貢献している学会である。大会や学会誌を通じて、会員同士の交流と研究発表の機会を提供し、国語国文学に関する研究成果を広く発信している。

全国大学国語国文学会の活動内容

全国大学国語国文学会の活動内容

全国大学国語国文学会の活動内容

全国大学国語国文学会は、日本における国語国文学研究者の学会である。1926年に創立され、現在では約3,000名の会員を有する。会の目的は、国語国文学の研究の推進と、会員相互の研究交流を図ることにある。

会の活動内容は、以下の通りである。

1. 年間大会の開催

会の最も重要な活動の一つは、年1回開催される年間大会である。大会では、会員による研究発表が行われ、また、シンポジウムや講演会なども開催される。大会は、国語国文学研究の発表の場として、また、会員相互の研究交流の場として重要な役割を果たしている。

2.機関誌の発行

学会は、「国語国文学研究」という機関誌を発行している。機関誌には、会員による研究論文や、研究ノートなどが掲載される。機関誌は、国語国文学研究の成果を発表する場として、また、会員相互の研究交流の場として重要な役割を果たしている。

3. 研究助成金の交付

学会は、会員の研究を支援するため、研究助成金を交付している。研究助成金は、研究費の補助や、学会への参加費の補助などに充てられる。研究助成金は、会員の研究活動を促進する上で重要な役割を果たしている。

4. その他の活動

会の活動内容は、上記以外にも、以下のものがある。

・学術講演会の開催
・研究会やワークショップの開催
・研究成果の公開
・会員への情報提供など

全国大学国語国文学会の歴史

全国大学国語国文学会の歴史

全国大学国語国文学会は、1913年(大正2年)に創立された、日本の国語国文学研究者による学会である。会員数は約3,000人で、日本最大の国語国文学学会である。

全国大学国語国文学会は、国語国文学の研究と普及を目的として設立された。創立当初は、国語国文学の研究発表会と講演会を開催することを主な活動としていた。しかし、その後、学会誌の発行や研究助成事業、公開講座の開催など、活動内容を拡充していった。

全国大学国語国文学会は、国語国文学研究の発展に大きな役割を果たしてきた。同会の学会誌である「国語と国文学」は、国語国文学研究の最先端の成果を発表する権威ある雑誌として知られている。また、同会の研究助成事業は、若手研究者の研究活動を支援しており、国語国文学研究の発展に貢献している。

全国大学国語国文学会は、国語国文学の研究と普及に努め、日本の文化の発展に寄与している学会である。

タイトルとURLをコピーしました