エレクトロニクス実装学会について

スポンサーリンク

エレクトロニクス実装学会について

エレクトロニクス実装学会とは。

エレクトロニクス実装学会とは、日本の学術研究団体の一つです。英語では「The Japan Institute of Electronics Packaging」といい、略称は「JIEP」です。1998年に「エレクトロニクス実装技術協会」と「回路実装学会」が合併して設立されました。エレクトロニクス実装技術分野に関する研究を行っており、事務局は東京都杉並区にあります。一般社団法人として活動しています。

エレクトロニクス実装学会とは何か

エレクトロニクス実装学会とは何か

エレクトロニクス実装学会とは

エレクトロニクス実装学会は、エレクトロニクス実装技術の進歩と発展を目的とする学会です。1974年に設立され、現在は約2,000人の会員を擁しています。エレクトロニクス実装技術とは、電子部品を基板に実装する技術のことです。電子部品には、ICチップ、抵抗器、コンデンサ、トランジスタなどがあり、基板には、プリント基板、セラミック基板、金属基板などがあります。エレクトロニクス実装技術は、電子機器の小型化、軽量化、高性能化に貢献しています。

エレクトロニクス実装学会では、エレクトロニクス実装技術に関する研究発表会や講演会、展示会などを開催しています。また、エレクトロニクス実装技術に関する論文誌を発行しています。エレクトロニクス実装学会は、エレクトロニクス実装技術の進歩と発展に貢献しています。

エレクトロニクス実装学会の目的と活動内容

エレクトロニクス実装学会の目的と活動内容

エレクトロニクス実装学会の目的と活動内容

エレクトロニクス実装学会は、エレクトロニクス実装に関する研究、開発、教育、普及を目的として設立された学会です。エレクトロニクス実装とは、電子部品を基板に実装し、電子機器を製造する工程のことを指します。エレクトロニクス実装学会では、エレクトロニクス実装に関する最新の技術や研究成果を交換し、エレクトロニクス実装の技術の発展と普及を図る活動を行っています。

エレクトロニクス実装学会の活動内容は、以下の通りです。

1. 学術大会の開催エレクトロニクス実装に関する研究発表や展示会を行う学術大会を定期的に開催しています。
2. 論文誌の発行エレクトロニクス実装に関する論文を掲載した論文誌を発行しています。
3. 書籍の発行エレクトロニクス実装に関する書籍を発行しています。
4. 研修会の開催エレクトロニクス実装に関する研修会を定期的に開催しています。
5. 国際交流エレクトロニクス実装に関する国際学会や国際会議に参加し、海外の研究者との交流を深めています。

エレクトロニクス実装学会は、エレクトロニクス実装の技術の発展と普及に貢献する活動を行っています。

エレクトロニクス実装学会の入会方法と会費

エレクトロニクス実装学会の入会方法と会費

エレクトロニクス実装学会の入会方法と会費

エレクトロニクス実装学会への入会は、学会のウェブサイトから行うことができます。入会には、氏名、住所、電話番号、メールアドレス、所属機関など、基本的な個人情報が必要になります。また、入会時に会費を支払う必要があります。

会費は、正会員で年間10,000円、学生会員で年間5,000円、賛助会員で年間30,000円となっています。正会員と学生会員は、学会誌の購読、学会大会への参加、研究発表を行うことができます。賛助会員は、学会への協力や支援を行うことができます。

エレクトロニクス実装学会に入会することで、エレクトロニクス実装に関する最新の情報を収集したり、他の研究者と交流したり、研究発表を行う機会を得ることができます。エレクトロニクス実装の研究をしている方や、エレクトロニクス実装に関心のある方は、ぜひ学会に入会して、学会の活動に参加してください。

タイトルとURLをコピーしました