生き物文化誌学会とは

スポンサーリンク

生き物文化誌学会とは

生き物文化誌学会とは。

生き物文化誌学会は、日本の学術研究団体の一つです。欧文名は「TheSocietyofBiosophiaStudies」。さまざまな地域の生き物をめぐる豊かな知の集積を目指し、その成果を社会に活かすことを目的としています。

学会の目的と活動

学会の目的と活動

生き物文化誌学会の目的は、生き物と文化の関係を研究することです。この目的を達成するために、学会ではさまざまな活動を行っています。

まず、学会では年次大会を開催しています。年次大会では、生き物と文化の関係に関する研究成果を発表するシンポジウムやワークショップが行われます。また、学会誌である「生き物文化誌研究」を発行しています。「生き物文化誌研究」では、生き物と文化の関係に関する研究論文やエッセイが掲載されています。

さらに、学会では研究助成金制度を実施しています。研究助成金制度では、生き物と文化の関係に関する研究を行う研究者に助成金を支給しています。また、学会では国際交流事業にも取り組んでいます。国際交流事業では、海外の研究者と交流し、生き物と文化の関係に関する研究の国際的な発展を図っています。

これらの活動を通じて、学会は生き物と文化の関係に関する研究の発展に貢献しています。

学会の沿革

学会の沿革

-学会の沿革-

生き物文化誌学会は、2001年4月に設立された学術団体です。それまで個別に研究が行われていた生き物と人間の関わりを学際的に研究することを目的としています。学会の設立に当たっては、1999年11月に東京大学で「生き物と人間を考える会」が発足し、2000年4月に「生き物と人間の文化誌シンポジウム」が開催されました。これらの活動を経て、2001年4月に学会が発足しました。学会の初代会長には、東京大学名誉教授の松田弘幸氏が就任しました。

学会設立当初の会員数は約100名でしたが、その後、年々会員数は増加し、現在では約300名となっています。会員は、人文科学系、社会科学系、自然科学系など、さまざまな分野の研究者で構成されています。学会では、年1回の大会を開催しており、大会では研究発表やシンポジウムが行われています。また、学会誌「生き物文化誌」を発行しており、学会の会員を中心とした研究論文が掲載されています。

学会の会員

学会の会員

生き物文化誌学会は、生き物と人間との関わり合いを文化的な視点から研究する学会です。学際的な学会であり、会員は生物学、文化人類学、歴史学、民俗学、文学など、さまざまな分野の研究者で構成されています。学会の活動は、年次大会の開催、機関誌の発行、研究プロジェクトの支援などです。

学会の会員は、以下の3つのカテゴリーに分類されます。

* 正会員学会の目的を理解し、その活動に積極的に参加する個人。
* 学生会員現在大学院または学部に在籍している個人。
* 賛助会員学会の活動を支援する個人または団体。

会員は、年会費を納入することで学会の活動に参加することができます。年会費は、正会員が5,000円、学生会員が2,000円、賛助会員が10,000円です。会員は、年次大会に参加したり、機関誌を受け取ったりすることができ、研究プロジェクトへの参加や学会の役員になることもできます。

学会の会員は、生き物と人間との関わり合いを文化的な視点から研究する研究者です。会員は、さまざまな分野の研究者で構成されており、学際的な研究を行っています。会員は、年次大会に参加したり、機関誌を受け取ったりすることができ、研究プロジェクトへの参加や学会の役員になることもできます。

タイトルとURLをコピーしました