「四季協会」について

スポンサーリンク

「四季協会」について

四季協会とは。

「四季協会」とは、1837年にフランスで組織された革命秘密結社「季節社」の日本における呼称のことである。

「四季協会」とは?

「四季協会」とは?

「四季協会」とは?

「四季協会」は、四季の美しさを愛し、それを後世に伝えようと活動する団体です。1995年に設立され、現在は北海道から沖縄まで全国に約10,000人の会員がいます。「四季協会」の活動は、四季に関する講演会やイベントの開催、四季に関する書籍や雑誌の発行など多岐にわたります。また、「四季協会」では、四季の美しさを伝えるために、四季の写真コンテストや俳句大会なども開催しています。

「四季協会」の設立のきっかけは、四季が失われつつあるという危機感でした。近年、地球温暖化の影響で四季の移ろいが感じられなくなったり、都市化が進み自然が失われたりしています。「四季協会」は、このような状況に危機感を抱き、四季の美しさを守るために活動を続けているのです。

「四季協会」の歴史

「四季協会」の歴史

「四季協会」の歴史

「四季協会」は、1929年(昭和4年)に設立された、日本の現代詩の同人誌である。創刊以来、現在まで毎月発行され続けており、日本最長の同人誌と言われている。

創刊当初のメンバーは、吉井勇、北原白秋、萩原朔太郎、室生犀星、堀口大學など、錚々たる詩人たちが名を連ね、日本の詩壇に大きな影響を与えた。

その後も、「四季協会」には多くの詩人が参加し、戦前戦後を通じて日本の詩壇をリードしてきた。現在では、約100人の会員が在籍しており、毎月発行される同人誌には、会員の作品が掲載されている。

「四季協会」は、日本の詩壇において重要な役割を果たしており、日本の現代詩の歴史を語る上で欠かせない存在である。

「四季協会」の目的

「四季協会」の目的

「四季協会」の目的

「四季協会」は、季節の美しさや自然の恵みを人々に伝えることを目的とした団体です。四季折々のイベントや講座を開催し、季節を身近に感じてもらう機会を提供しています。また、季節にちなんだ商品を開発・販売し、収益の一部を自然保護活動に寄付しています。

「四季協会」の活動は、季節の美しさや自然の恵みを守ることにもつながっています。四季折々のイベントや講座を開催することで、人々が季節を身近に感じ、自然の美しさに気づけるようになります。また、季節にちなんだ商品を開発・販売することで、自然の恵みを人々に伝えることができます。さらに、収益の一部を自然保護活動に寄付することで、自然保護活動の支援にもつながっています。

「四季協会」は、季節の美しさや自然の恵みを人々に伝えることで、人々の生活をより豊かにすることを目指しています。四季折々のイベントや講座を開催し、季節を身近に感じてもらう機会を提供することで、人々の生活に潤いを与えています。また、季節にちなんだ商品を開発・販売することで、自然の恵みを人々に伝えることができます。さらに、収益の一部を自然保護活動に寄付することで、自然保護活動の支援にもつながっています。

タイトルとURLをコピーしました